• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

囲った「愛人」140人以上! 
最高記録を樹立した汚職役人

「性豪」番付け 東西2大横綱の凄腕ぶり

2006年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「蓄妾」(ちくしょう)という言葉がある。いや、あったと言うべきかもしれない。「蓄妾」は「妾(めかけ=愛人)を囲う」の意味で、前回紹介した中国の「包二●」(●は女+乃で表記)と同意語だが、既に日本では死語となっている。夏目漱石の作品『それから』にも、「妾を置く余裕のないものに限って、蓄妾の攻撃をする」という一節があるほどで、蓄妾という言葉は明治・大正を通じて当たり前のように使われていた。

 一方、この「蓄妾」という言葉は中国語にもあり、日本と同じ意味で清朝やその後の中華民国時代を通じて使われていたが、中国共産党による中華人民共和国の成立と共に消滅したと思われた。ところがどっこい、1978年12月から始まった改革開放路線により富裕層が出現するとともにまたもや「蓄妾」が息を吹き返し、今では「包二●」(●は女+乃で表記)と呼び名を変えて庶民の会話に登場することに違和感のない存在となっている。

「愛人17人」なんて前頭程度

2006年4月26日、名古屋地裁は、「パスコ」でお馴染みの敷島製パンの健康保険組合事務長であった松林正明被告(56)に対して、2000年12月~2005年5月の間に健康保険組合口座から約9億7900万円を着服したとして、懲役11年、罰金3000万円の判決を言い渡した。実際の横領は1990年から15年以上にわたり、その総額は18億9700万円だそうだが、この横領した大金が前後で総勢17人もの愛人との生活に費やされ、その内の3人には子供まで生ませていたことから、この事件は世間の注目を集めた。

 まさに、これこそ「蓄妾」なのだが、本来はカネが有り余っている資産家がやることを、一介のサラリーマンがやろうとすることに無理がある。それも愛人1人というならまだしも、17人というのは平成の世では最高記録と言ってよいだろう。

 共産党による一党独裁の中国では、中央・地方を問わず、部門や地域の長となれば、絶大なる権力を握ることになる。権力に付随するのは色とカネであり、誘惑に負けて汚職にまみれた権力者たちの女性関係は並のものではなく、松林被告の愛人17人という記録は、相撲で言えば三役目前の前頭上位程度でしかない。

そこで、近年中国で話題となった汚職役人の「性豪」番付けの最高峰たる東西2横綱について、その凄腕ぶりを紹介してみたい。

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「囲った「愛人」140人以上! 
最高記録を樹立した汚職役人」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員