• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コンドームが別の目的で使われている 

インドでHIV感染が拡大している理由

  • 門倉 貴史

バックナンバー

2006年9月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インドでエイズウイルス(HIV)感染の被害が拡大しています。

 インド国家エイズ管理機構 (National AIDS Control Organization, NACO)の推計によると、1990年時点で20万人程度にとどまっていた国内のHIV感染者は、1990年代後半から急増しはじめ、2000年には390万人に達しました。直近の2004年の感染者数は513.4万人となっています(図表)。これは、530万人の南アフリカ共和国に次いで世界で2番目に高い数字です。

HIV感染者数の推移

南アフリカを抜き世界最大

 最近では、年間10万~50万人のペースで感染者が増加しており、いずれは南アフリカを抜いてインドが世界最大のHIV感染者を抱えることになるとみられています。エイズ感染者も増加傾向となっており、2005年7月末時点では累計11万1608人の感染が報告されています。

 感染の経路で最も多いのは性交渉によるものです。とくに長距離トラックの運転手に感染者が多く、彼らが全国を移動する過程で感染が広がっていきます。

コメント1

「門倉 貴史の「BRICsの素顔」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長