• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

紫外線予防で人気
過酷な自然環境が育てた南アの化粧品

人気のスキンケア化粧品が日本にも進出

  • 門倉 貴史

バックナンバー

2006年10月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「食欲の秋」ならぬ「美容の秋」ということで、スキンケアの分野で世界的に有名な南アフリカ共和国の化粧品市場を取り上げてみたいと思います。

 2010年のサッカーワールドカップ開催国として注目される南アフリカでは、多数の中産階級が誕生しています。女性の社会進出も進んでおり、豊かになった女性たちは、ファッションにも気を使うようになってきました。例えば、いま、黒人女性たちの間では、カツラが大流行しています。髪を短く刈り込んで、カツラをかぶることで、時間のかかる縮れ毛の手入れをする必要がなくなるのです。ヨハネスブルクなどの大都市部にはたくさんのカツラ専門店が立ち並んでいます。

 おしゃれを意識する女性の増加に伴って、南アの化粧品関連の市場は急拡大しています。ユーロ・モニターの調査によれば、南アの化粧品市場の大きさは2002年時点では128.0億ランドでしたが、2005年は187.5億ランド、2006年は204.4億ランドへと拡大する見通です。化粧品市場は、わずか4年間で1.6倍の規模に膨らむことになります(図表)。

図表 南アフリカの化粧品市場

 

 

「門倉 貴史の「BRICsの素顔」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長