• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

え!中国では下水溝から食用油が作られる?

大量の農薬も含まれ人体への悪影響必至

2006年12月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ラード工場の立ち入り検査
ラード工場の立ち入り検査

 2006年8月2日夜、浙江省台州市衛生監督所は、温嶺市新河鎮塘下村にある「繁昌油脂廠」を急襲して立ち入り検査を行った。衛生監督所の執行官たちは、工場に足を踏み入れると同時に強烈な腐敗臭に襲われた。原料油工場は特にひどく、その臭さは並大抵のものではなかった。油脂が腐敗した後の居たたまれない悪臭が工場全体に濃厚に漂っていた。執行官たちは工場の検査と同時進行で同廠の経営者である應富明に事情聴取を行った後、同廠の製品である食用ラード5300キロ、原料油3万7600キロ(ドラム缶で264本)、ヤシ油1800キロ、原料油の輸送用トラックなどを押収した。

 繁昌油脂廠は豚油加工企業で、2005年9月20日に営業許可証と食品衛生許可証を取得、試生産を経て、2006年4月から正式に「食用ラード」の生産を開始した。日産能力は6トンであったが、最高日産量は10トンを超え、台州地区では唯一の、浙江省でも比較的規模の大きな豚油加工企業であった。繁昌油脂廠が試生産から立ち入り検査までの約10カ月間に生産した食用ラードは100トン以上で、これは上海、杭州、温州などの各地から購入した原料油が170トン前後であったことからも裏づけられた。

下水溝に溜まった油を原料として食用ラード

 繁昌油脂廠の立ち入り検査は、台州市衛生監督所が「下水溝に溜まった油を原料として食用ラードを生産している」という通報を受けたことに端を発した。衛生監督所の執行官たちは繁昌油脂廠に対する調査を徹底的に展開、台州市の地質監督部門が先ごろ同廠を検査した際に、ラードの包装缶にマークが入っていないことを発見し、関連規則違反として生産の一時停止命令を出していたことが判明した。ところが、通報者からの情報で、生産一時停止命令を受けた繁昌油脂廠は、操業時間を夜間に切り替え、監督部門が退勤してから早朝まで操業し、昼間は生産停止を装っていることも判明した。

製造中の危ない食用ラード
製造中の危ない食用ラード

 執行官たちは、繁昌油脂廠の監視と製品の追跡という両面作戦の実施を決定、一方は油脂廠の動静を探り、他方は市場から製品品質と流通を探ることとした。執行官たちは台州市椒江区で販売店を探り出し、繁昌油脂廠の製品20数缶を発見した。販売店主によれば、應富明が品質は100%合格品だと保証したので、数ヶ月前から繁昌油脂製品を購入しているが、値段が他社製品と比べて半分以下であるという。そこで、執行官は製品のサンプルを台州市疾病予防センターへ送って分析を依頼し、食用ラードの酸価値(油の酸化の指標)が1グラム当たり17ミリグラムを超えていることが判明した。

 これは、国家基準である「食用動物性油脂衛生標準」で要求されている1.5ミリグラム以下の11倍もの数値であり、食中毒のみならず、遺伝子に影響を与える危険性すら想定された。そこで、別の販売店2ヵ所から採取したサンプルを浙江省疾病予防センターへ送り、高精度の分析を依頼した。この結果は驚くべきもので、サンプルからは何と劇毒の農薬である「666」と「DDT」が、1キロ当たり0.027~0.088ミリグラム検出されたのであった。

コメント23件コメント/レビュー

一国が経済的に豊かになるためには、こうした問題は必ず起きるものなのだろうか。40-50年前の日本を思い出せば、似たような光景があったはずだ。日本はなんとか克服し最近はECO産業に力を入れているが、これも経済的余力があって初めて手をつけられる技術なのではないか。情報統制の引かれている中国では国民からの声を国政に反映することは日本以上に困難であり、近いうちに内部崩壊するだろう。中国脅威論などがあるが、北村氏のレポートを読む限り別の意味で脅威を感じる。10億の民を満足させることなど不可能なのだ。(2007/06/11)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「え!中国では下水溝から食用油が作られる?」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一国が経済的に豊かになるためには、こうした問題は必ず起きるものなのだろうか。40-50年前の日本を思い出せば、似たような光景があったはずだ。日本はなんとか克服し最近はECO産業に力を入れているが、これも経済的余力があって初めて手をつけられる技術なのではないか。情報統制の引かれている中国では国民からの声を国政に反映することは日本以上に困難であり、近いうちに内部崩壊するだろう。中国脅威論などがあるが、北村氏のレポートを読む限り別の意味で脅威を感じる。10億の民を満足させることなど不可能なのだ。(2007/06/11)

仕事で中国在住ですが、地方への出張で移動の際に安食堂で食事をすることもあります。ある食堂で食事をした後、なんともいえない油の味が口の中に2~3日残っていたことがあります。もしかしたら今回取り上げられた劣悪な食用油なのでしょうか?現在、中国の在留邦人が十数万人、短長期の出張者を含めると、その数倍の日本人が中国に滞在し、食事をしています。彼らの健康のためにも日本のマスコミは、中国の食の問題を取り上げ、注意喚起をしてもらいたいものです(2007/05/21)

中国に死刑が多いと批判する国があるが、共産党一党独裁云々でなく、これだけ犯罪の内容が酷いと死刑くらいは仕方があるまいという印象だ。この社長が自分でもこのラード使ったものを家族で食べていたのなら恐るべき無知という問題だがそうとは思えない。加工食品の原料の汚染は消費者としてはお手上げで・・。豆類などもそのままなら輸入不可のものでも加工しあんこなどにしてしまうとOKと聞く。日本の農業に巨大資本が入りやすいようにして劇的な生産効率向上と食料自給率を向上を促すよう手を打ってもらいたい。中国国内の貧富の異常な格差がこのようなラードの買い手を生み出しているともいえると思う。中国は早く国内格差の是正を進めるべきだ。(2007/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長