• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国でもクラシックブーム
子供1000万人が音楽教室に

中国で息継ぐ世界の楽器メーカー

  • 門倉 貴史

バックナンバー

2006年12月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本では、二ノ宮知子さんの人気漫画「のだめカンタービレ」の大ヒットなどで西洋クラシック音楽の人気が高まっていますが、お隣の中国でも西洋クラシック音楽がブームになっています。最近では、中国各地でクラシック音楽のコンサートやコンクールが盛んに開催されています。

 1000万人の子供たちがピアノ教室に通っている

 クラシック音楽がブームとなる中、富裕層やニューリッチ層の家庭では音楽に対する教育熱が高まっており、富裕層の多い上海・北京・広州などの沿岸部では幼少時からピアノを学習する子供の数が増加傾向にあります。

 また、一般家庭においても、自分の子供を将来ピアニストとして成功させたいと夢見る夫婦が増えています。国際的なコンクールに優勝して、プロのピアニストになれば、普通のサラリーマンの何倍もの収入が保証されるからです。一般家庭から一流のピアニストを輩出するには、お金と才能が不可欠で、3つの世代が必要になるとも言われます。1世代目で十分な資産を築き、2世代目で音楽的才能のある伴侶と一緒になり、そして3世代目でようやくお金と才能に恵まれた優秀なピアニストが誕生するというわけです。

 いまでは、中国全土で1000万人近くの子供が定期的にピアノのレッスンを受けていると言われます。中国におけるピアノの歴史はまだ浅いのですが、2000年代に入ってから、ピアノの人気が急速に高まっています。これはなぜでしょうか。

 2000年の第14回ショパン国際ピアノコンクールで、中国人のユンディ・リ(李云迪、重慶出身、1982年生まれ)が優勝したことが、中国で空前のピアノブームが巻き起こるきっかけのひとつになりました。

 ショパン国際ピアノコンクールは、世界で最も難しいとされるピアノコンクールで5年に1度、ポーランドのワルシャワで開催されます。同コンクールでは、1985年にスタニスラフ・ブーニンが優勝して以来、1位なしが続いていたため、ユンディは15年ぶりの優勝者となりました。しかも、優勝時の年齢は18歳と史上最年少、中国人としては初めての優勝者とあって、世界中の注目を浴びました。現在、ユンディ・リはアジアでアイドル並みの人気を博しており、日本でもたくさんのCDが販売されています。

 ユンディ・リが優勝して以来、世界各地で開催される国際ピアノコンクールにエントリーする中国人の数が急増するようになったと言われています。

 外国産のピアノが人気に  

 ピアノがブームとなるなかで、中国国内ではピアノの販売台数が大幅に伸びています。中国には50社余りのピアノメーカーが存在し、様々なピアノを生産していますが、メーカーの大半は非効率な国有企業で、値段は安くても音色やタッチなどピアノの品質があまり良くありません。中国製のピアノは新品でも1台あたり1万元(13万4000円)程度で購入することができます。

コメント4件コメント/レビュー

中国でも第2のヨーヨーマを目指す子供も多かろうと想像に難くない。中国全土のピアノ台数も桁外れだろう。その他の楽器の需要も桁外れだろう。楽器の製造にはただ作ればよいというものではなく、年期の入った熟練職人の協力が必要だ。日本の楽器製造技術が欧米に追い着くまでには長い苦闘の歴史があった。中国が日本の製造レベルに達するまでには未だ時間がある。そこで日本の楽器メーカの出番がある。http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Chinese_musicianshttp://business.nikkeibp.co.jp/article/eng/20061225/116221/(2007/02/26)

「門倉 貴史の「BRICsの素顔」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国でも第2のヨーヨーマを目指す子供も多かろうと想像に難くない。中国全土のピアノ台数も桁外れだろう。その他の楽器の需要も桁外れだろう。楽器の製造にはただ作ればよいというものではなく、年期の入った熟練職人の協力が必要だ。日本の楽器製造技術が欧米に追い着くまでには長い苦闘の歴史があった。中国が日本の製造レベルに達するまでには未だ時間がある。そこで日本の楽器メーカの出番がある。http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Chinese_musicianshttp://business.nikkeibp.co.jp/article/eng/20061225/116221/(2007/02/26)

中国沿岸部で生活している日本人です。現在、中国の一般市民の方々が暮らされている云わば「集合住宅」に住んでおり、身をもってこの中国のクラシックブームを体験しております。同地域での生活の中でピアノの音は勿論、バイオリンやフルート、さらには合唱等々、音楽に対する皆様の熱心さが伝わってきております。ただこちらでは、「音」というのがある一定限度を超えると「騒音」となることがまだ理解されていないようです。通常、夜10時11時を過ぎても自宅内で大音を奏でており、最近ではそれが原因で同集合住宅でも近所の同士のいさかいが頻発しているようです。人の心を癒す「音楽」。どうか中国の音楽家を目指す方々には、楽器の弾き方の前に、他人を顧みる「心」を学んで頂けたらと思う今日この頃であります。(2006/12/18)

ピアノはまだ輸入超過ということのようですが、バイオリンに関しては、中国製のなかにも侮れない品質のものが増えてきました。わが国でストラディバリウス取扱量を最大(らしい)を誇るショップで、自社でも定評のあるバイオリン(量産品)を製造しているところがありますが、商品ラインの下位モデルは中国で組み上げ、塗装と調整は日本のようです。また、完全手工バイオリンでも良い中国製が増えており、将来が楽しみでもあります。大衆向けのピアノはまだ工業製品としてあつかえるでしょうが、より繊細な製作技術が必要なバイオリンで台頭している中国恐るべし。(2006/12/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長