• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2007年加速 VISTA諸国の平均成長率は前年比6.6%

  • 門倉 貴史

バックナンバー

2007年4月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 BRICs経済研究所が提唱したポストBRICs’(ブラジル、ロシア、インド、中国)の有力グループ「VISTA」(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの5カ国)では、株式市場が活況を呈しています。

図表 VISTAと日本の株価の推移

図表 VISTAと日本の株価の推移
(出所)各国の証券取引所データより作成
(注)日本は日経平均株価、ベトナムはVN指数、インドネシアはジャカルタ総合指数、南アフリカは南アフリカ全株指数、トルコはNATIONAL100指数、アルゼンチンはメルバル指数

 例えば、2004年1月から2007年3月までの期間について、各国の株価指数の推移を見ると、ベトナムが5.2倍、インドネシアが2.4倍、南アフリカが2.5倍、トルコが2.5倍、そしてアルゼンチンが1.8倍となっており、いずれの国においても株価が大幅に上昇している様子が分かります(図表)。

 日本の株価も上昇傾向で推移していますが、日経平均株価は2004年1月から2007年3月にかけて1.6倍の上昇にとどまります。

 VISTAの株価が好調になっている背景として、5カ国のマクロ経済が好調に推移していることが挙げられるでしょう。2007年のVISTAの加重平均成長率は前年比6.6%増と2005年の同6.4%増からさらに加速する見通しです。

 また、中国やインドなどBRICsの株価が急激に上昇した結果、BRICsの株価の割安感が薄れてきたため、BRICsから株価に割安感のあるVISTAなどのポストBRICs諸国に、先進国の資金が分散し始めていることもあります。

 ところで、VISTA5カ国の中で、最も株式市場が発展しているのが、南アフリカ共和国です。

 南アフリカ共和国のヨハネスブルク証券取引所は、アフリカ大陸で最大の証券取引所となっています。その歴史は古く、英国の植民地下にあった1887年に設立されました。同証券取引所は、1980年代に、英国のロンドン証券取引所のシステムを参考にしながら、株式市場の近代化を進めていったのです。

 アパルトヘイト(人種隔離政策)が採用されていた1980年代には、米国が南アに経済制裁措置を取ったため、メリルリンチなど米国の大手証券会社は南アから撤退し、米国からの投資資金の流入は途絶えていました。しかし、アパルトヘイトが完全に廃止されてからは、再び米国証券会社が南アに進出、90年代後半以降、米国の投資信託資金や年金基金がヨハネスブルク証券取引所に流入するようになりました。

コメント1

「門倉 貴史の「BRICsの素顔」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授