• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

そんな日中友好は要らない

温家宝来日を機に問いたい「官製親日」の今後

  • 谷口 徹也

バックナンバー

2007年4月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週、出張で上海と北京に行った。宿泊は両都市ともNHKの海外放送が映らないホテルだったため、見るともなしにチャンネルを頻繁に変えながら中国のテレビを見ていた。

 そこで目に留まったのが、中国語吹き替えで放映していた日本のテレビドラマ「白い巨塔」だ。こんな番組が日中の地上波で放送されていて、ちょっと興味深かった。

温家宝首相来日キャンペーンだった

 と思ったら、今度は別のチャンネルで「岩松看日本(岩松が日本を見る)」という番組をやっていた。白岩松という中国中央テレビの人気キャスターが日本の各地を訪問して紹介したり、日本の著名人にインタビューしたりするという内容だ。

 詳細やニュアンスまでは分からなかったが、基本的には日本を好意的にとらえた番組内容と言っていいのだろう。

 香港に戻ってからインターネットで報道記事を見て、これらの番組は4月11日から予定されている温家宝首相の訪日に向けた、中国側の「日本キャンペーン」であることを知った。さらに、中国の中央電視台で安倍晋三首相のインタビューが放映されたとも聞いた。これらは中国国民の日本に対する理解を深めるための活動の一環とのことだ。

 「なあんだ、またか…」。そう思って、白けてしまった。

 中国の人たちに日本を理解してもらう。好意的に思ってもらう。その活動そのものは日本にとってありがたく、好ましいものであることに違いはない。問題なのはいつも“官製”であり、裏に明らかな政治的意図があることだ。

反日デモは構わない、でもなぜ日本だけなのか

 安倍首相が就任直後に中国を訪問し、中国もそれを好意的に受け止めた。そんな、最近の親日、親中報道を見るたびに思い出すのは、2005年春に中国各地で繰り広げられた反日騒動だ。

コメント11件コメント/レビュー

国内ランク3位に過ぎない温家宝首相の国会演説を有りがたく拝聴し拍手する議員の皆さん達に聞きたい。東シナ海での中国の一方的な開発になぜ毅然たる態度で、クレームをつけないのか?なぜ中国は、莫大な軍事費を毎年増大し続けるのか?通告無しで日本の排他的水域で執拗に海底調査をするのか?その成果を確認する為、中国の潜水艦が日本を領海侵犯したのは、仮想敵国として戦争を準備しているからか?日本に向けて核ミサイルが何基セットされているのか?(2007/04/17)

オススメ情報

「谷口徹也の「北緯22度通信」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国内ランク3位に過ぎない温家宝首相の国会演説を有りがたく拝聴し拍手する議員の皆さん達に聞きたい。東シナ海での中国の一方的な開発になぜ毅然たる態度で、クレームをつけないのか?なぜ中国は、莫大な軍事費を毎年増大し続けるのか?通告無しで日本の排他的水域で執拗に海底調査をするのか?その成果を確認する為、中国の潜水艦が日本を領海侵犯したのは、仮想敵国として戦争を準備しているからか?日本に向けて核ミサイルが何基セットされているのか?(2007/04/17)

日本人は中国が求める「日中友好」の真意を理解していない。中国の「日中友好」とは自国(中国共産党)側からみて益をもたらす友好である。日本人が考えているような互いの共存共栄、相互発展、友愛の精神など中国側には微塵も無い!つまり解り易く言えば「中国の意向に従え、中国の属国のように行動せよ」である。 先週は京劇役者顔負けの温家宝が来日して友好演劇を見せてくれたが、彼らの本質は何ら変りはないし変えようが無い。先日来、日本を代表する自動車部品メーカーの中国社員の産業スパイが発覚したが、不起訴無罪放免となった。海上自衛官の中国人妻工作員事件があったにも拘らず、温家宝の国会演説は行われ偉そうに議員達に説教をされて、議員らもがん首そろえて拝聴している姿はもう日本は属国になったのかと錯覚する。経済人も産業スパイや中国進出で酷い目に遭わされながらも歓迎式典に主席するなどバカの極みである。まだ小泉前首相は演説を欠席しただけ根性がある。(2007/04/16)

中国には、もっと圧力をかけるべき。ODAに関して中国国民にきちんと知らせることなどを条件にして、取引をすべきだと思う。韓国人も同じなのだが、自分たちが日本なしで発展できたと思っている。戦前・中・後の日本からの恩恵を知らせるべきだ。氏が少しだけ引用していた南京事件に関しては、小生は増築前の南京の「大虐殺記念館」に足を運んだが、あんな違和感を感じる展示物でその展示内容を信じてしまう中国国民ならびに、過去の日本政府の歴々には、うんざりしてしまう。3年ほど前に中国人に聞いた話だが、欧米企業と日本企業との付き合い方は完全に変えていると言う。欧米企業とは、契約書に基づいて仕事をするが、日本企業とは、日本の「なーなー」の部分も取り込んで取引をすると言っていた。日本企業の甘さなのか、良さなのかはわからない。(2007/04/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長