• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

高まるエタノール熱

  • BusinessWeek

バックナンバー

2007年6月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブラジルの国営石油企業ペトロブラス元総裁のフィリペ・ライヒスツル氏は、エタノールが儲かることは分かっていた。だが彼は、急成長するバイオ燃料分野で大成功するには資金潤沢な投資家が必要なことも分かっていた。

 そこで昨年、アメリカ・オンライン共同創業者のスティーブ・ケース氏がサトウキビ系エタノールに興味を示しているという話を聞くと、すかさず接触を試みた。

出資者の豪華な顔ぶれ

一流投資家がブラジルのサトウキビ畑に殺到している

一流投資家がブラジルのサトウキビ畑に殺到している(写真:Lalo de Almeida/Contrasto Redux)

 最近、多くの一流投資家がブラジルのサトウキビ畑に商機を見いだし、プライベートエクイティ(未上場株)投資会社や農業ビジネス大手、起業家が押し寄せている。

 ブラジルは世界最大のエタノール輸出国で、生産量では米国に次ぐ世界2位。同国の車はエタノールかガソリンとの混合燃料で走る。そしてブラジルのサトウキビ系エタノールは米国のトウモロコシ系エタノールより生産コストが3割安い。

 ライヒスツル氏が大金を集められたわけである。彼はケース氏のほか、サン・マイクロシステムズ共同創業者のビノード・コスラ氏、スーパー長者のロン・バークル氏、映画プロデューサーのスティーブ・ビング氏、世界銀行元総裁のジェームズ・ウォルフェンソン氏を誘い、ブラジリアン・リニューアブル・エナジー(通称ブレンコ)を設立した。

 米国人投資家が合計3100万ドル、ブラジル人が2000万ドル出資したブレンコは3月、さらに1億5000万ドル近い資金を欧米の投資家から調達。22億ドル投じて150万エーカーのサトウキビ畑を作り、工場を10棟建設、主に輸出向けに2014年までに年間10億ガロンのエタノールを生産する計画だ。

コメント2

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長