• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自爆テロ犯の正体が見えてきた

犯人の90%が障害者 社会保障の充実がテロを防ぐ

2007年7月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 首都カブールで急増する自爆テロ

 6月17日、アフガニスタンの首都カブールで警察学校のバスが爆発し、警官22人と市民ら計35人が死亡する事件が発生した。負傷者も35人に上り、現地で子供の教育支援などに取り組むNGO(非政府組織)の活動に参加していた日本人の男女2人も怪我をした。カブールで起きた爆弾テロでは、2001年のタリバン政権崩壊後、最悪の事件である。

 アフガニスタンでは、タリバンによる治安当局者を狙ったテロが相次いでおり、今年に入ってのアフガン人治安当局者の死者は300人以上に上っている。同国のカルザイ大統領は6月19日、「アフガン治安機関が成長して反タリバン攻撃が効果を上げているため、タリバン側は不満を募らせて都市部でのテロ攻撃へと戦術を変えてきている」と述べ、カブールでの自爆テロなどの急増の原因を、「治安対策がうまくいっていることに対する反動」であると説明した。また米中央軍のウィリアム・ファロン提督も、「私もタリバンはフラストレーションからこうしたテロ攻撃に手を染めていると感じている」と述べてカルザイ大統領の見方を支持した。

タリバンを抑え込んだ「成功例」

 確かに、NATO(北大西洋条約機構)軍とアフガン軍によるタリバンに対する攻勢作戦は部分的には成功を収めているように見える。タリバンを中心とした反政府勢力によるアフガン全土における攻撃数は、この5月に前月比で15%減少し、タリバンが進めていた「春の大攻勢作戦」に一定の歯止めをかけることに成功したように見える。

 NATO・アフガン混成軍が「成功例」として挙げる中に、タリバンのアフガン南部における軍事司令官ムラ・ダドゥラ(Mullah Dadullah)の殺害というのがある。混成軍がダドゥラ殺害に成功したのは5月13日のことだが、この作戦が開始されたのは3月18日だという。この日、アフガン政府はタリバンに誘拐されていたイタリア人ジャーナリストと引き換えに拘束していたタリバンの指揮官5人を釈放。その1人がダドゥラの弟のムラ・シャー・マンスール(Mullah Shah Mansoor)だった。NATO・アフガン軍はマンスールの動きを監視して彼がパキスタンのケッタ(Quetta)から車列を組んでアフガン領内に戻ったところを、特殊部隊と航空勢力で急襲したのである。そしてこの攻撃で殺害された中にダドゥラがいたというわけである。

コメント2件コメント/レビュー

驚くべき内容だった。アフガニスタンにオサマビンラディン一派が潜んでいるという疑いからアフガン戦争が始まったが、実はITバブル崩壊の経済危機を救うための米国の軍事進出だとうわさされたものだった。緑のアフガニスタンが旧ソ連軍の侵攻以来、東西陣営の草刈場となり、経済破綻を迎えた上にさらに生きるすべを失った人の人身御供となっているとは。世界の目はイラクに移り、アフガン戦争は終焉に向かっているかのような印象を与えているが、アフガニスタンを忘れることはアフガニスタンの人々の悲惨な現実を忘れることであり、また大国による再利用の機会を与えかねない。まずは経済援助の方策を考えるべきだろう。この内容は国連関係者にも読んでもらいたい。(2007/07/26)

「世界鑑測 菅原出の「安全保障・インサイド」」のバックナンバー

一覧

「自爆テロ犯の正体が見えてきた」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

驚くべき内容だった。アフガニスタンにオサマビンラディン一派が潜んでいるという疑いからアフガン戦争が始まったが、実はITバブル崩壊の経済危機を救うための米国の軍事進出だとうわさされたものだった。緑のアフガニスタンが旧ソ連軍の侵攻以来、東西陣営の草刈場となり、経済破綻を迎えた上にさらに生きるすべを失った人の人身御供となっているとは。世界の目はイラクに移り、アフガン戦争は終焉に向かっているかのような印象を与えているが、アフガニスタンを忘れることはアフガニスタンの人々の悲惨な現実を忘れることであり、また大国による再利用の機会を与えかねない。まずは経済援助の方策を考えるべきだろう。この内容は国連関係者にも読んでもらいたい。(2007/07/26)

タリバンは卑しくも宗教原理主義の組織で、本来はアヘンは厳しく取り締まっていたはずだが、積極的にどころか農民に強制的に栽培させているのは恥ずべきことで、彼ら自身、またアフガン国民はどう思っているのだろうか。外国からの援助という名の介入も含めて封建時代の領主による支配みたいだが、アヘン畑のような面積を取るものだったら、衛星で探査して空爆できるのではないか。アメリカが関与しているのになぜそうしないのか、非常に不思議に思う。また、障害者に自爆テロをさせる問題だが、パレスティナでも子供にお金を与えてやらせているし、危ないことはお金を使って貧しい人にやらせる人間たちに、なんであれ大義を語ってほしくないと思う。(2007/07/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者