• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

打倒ボーイング! エアバスの自信

後発の利を生かすべく、じっとチャンスの到来を待つ

2007年7月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Stanley Holmes (Business Week誌、シアトル支局記者)
米国時間2007年7月6日更新 「Airbus Bides Its Time in Boeing Battle

 先端複合材料からエンジン、省メンテナンスに至るまで、米ボーイング(BA)の新中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)は、就航前から旅客機業界の常識を変えようとしている。

 7月8日の787初公開の映像は世界に向けて生中継され、米ワシントン州シアトル郊外エバレットの工場で催された祝賀会には1万5000人の要人が招待されている。さらに3万人の従業員と元従業員が米ナショナルフットボールリーグ(NFL)のシアトル・シーホークスの本拠クエストフィールドからこのイベントを見守ることになる。(注:この記事は7月6日に公開されたものである)

 祝賀会は盛大になりそうだが、ボーイングの幹部はシャンペンは控えめにしておいた方がいい。ライバルの欧州エアバスが復活してきたのだ。6月のパリ国際航空宇宙ショー以降、受注が急増しているという手強い競合機は、次世代中型機「A350XWB」ファミリーの3機種である。(BusinessWeek.comの記事:2007年6月18日「"Airbus' Big Paris Curtain-Raiser"」)。ドリームライナーのリードは大きいが、A350はボーイングの弱点である旧型機777-200を叩き落そうと狙いを定めている。

ボーイング787は2008年にANAに初納入へ

 エアバスは新型機の実力をまだ十分に証明していないのだが、ボーイングにしても契約通りに機体の納入を始めなければならない正念場に差し掛かっている。生産のピッチが上がり、最初のテスト機の完成が間近に迫るにつれて、ボーイングと協力メーカーは明らかに悪戦苦闘している。積極的だが無謀とも言える試験飛行の日程が重圧を増すばかりだ。生産計画が大幅に遅れるようなことになったら、ボーイングの株価は急落するだろう。

 今のところ、ボーイングは787の初飛行を9月に予定している。当初の日程よりも少し遅れてはいるが計画を狂わせるほどではない。第1号機は、予定通り2008年5月に全日本空輸(ALNPF)に引き渡すとボーイングは確約している。787プロジェクト担当副社長のマイク・ベア氏は、試験飛行は11月にずれ込むかもしれないが納入は必ず5月に間に合わせると言う。もちろん、そんな押しが入ったスケジュールは極力避けたいというのが本音だ。

受注は45社、634機で総額750億ドル

 ただ、ボーイングには先行者としての余裕もある。プラスチックが次世代旅客機の中心的素材になると見て、先行投資しているからだ。787は胴体と主翼がすべて炭素繊維複合材でできた初の大型商用ジェット機で、機体の約50%に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が用いられている。機体の軽量化と最新エンジンとの組み合わせにより、同サイズの旅客機に比べ燃費を20%抑えた。

 複合材には、整備コストを削減できるメリットもある。プラスチックはアルミのように腐食しないので、義務づけられている高コストの点検修理を減らすことができる。ボーイングの試算によると、航空機の耐久年数の全期間にわたって整備コストを30%節減できる。航空会社にとっては非常に大きな経費削減となる。

 そのため航空会社からの発注が相次ぎ、ドリームライナーは民間航空機として史上最速の売れ行きを記録している。2004年4月の発表以来の受注は45社から計634機、総額約750億ドルに上る。この業界では通例となっている値引分を加味したものだ。「787に対する市場の需要はまだ衰える兆しがない。相変わらず目覚ましい売れ行きが続いている」と、ボーイングのベア副社長は自信満々だ。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者