• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アップルと組むのは危険

圧倒的な市場支配力が作り出す奇妙な提携関係

2007年8月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Peter Burrows (BusinessWeekシニアライター、シリコンバレー)

米国時間2007年7月3日更新 「Apple's Partner Paradox

 米アップルは、魅力的で画期的なデジタル家電製品を作り続ける会社だということをこれまでに何度も見せつけてきた。新型携帯電話機「iPhone(アイフォン)」の熱狂的な人気を見ても、話題を盛り上げ、消費者に「欲しい!」と思わせてしまう能力では、どんな企業の広告キャンペーンもアップルの足元にも及ばない。

 では、パソコンメーカーから家電大手へと進化を続けるアップルの勢いを削ぐような要因があるとすれば、それは何か。多くの専門家や業界関係者の話を総合すると「他社との提携戦略」に尽きる。

 最も分かりやすい例は、アップルが巨大な携帯電話市場を征服しようとしていることである。アップルは携帯電話サービスを提供するために米AT&T(T)の協力を仰いだ。ところが、華々しいアイフォン発売にミソをつけたのは、AT&Tのデータ通信ネットワークが遅く、回線を開通するまでに時間がかかるということが発売直後に報道されたことである。

提携とは名ばかり、短期的に利用するだけ

 念のために言っておくが、アップル(AAPL)にとって提携相手を探すことには何の問題もない。周辺機器メーカーから企業向けソフト開発会社、航空会社に至るまで、誰もがアップルとの取引を求めてスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)の扉を叩いている(BusinessWeek.comの記事を参照:2007年6月28日「Welcome to Planet Apple」)。

 スティーブ・ジョブズ氏は世間で言われているように、ハイテク業界における流行の仕掛け人であり、タフな交渉人でもある。例えば、1997年に米ウォルト・ディズニー(DIS)との契約更改では、ジョブズ氏が立ち上げた米ピクサー・アニメーション・スタジオがもっと利益を上げられるようにもっていった。ちょうど、ピクサーが8作連続の大ヒットを飛ばす直前のことである。

 2005年には世界各国からフラッシュメモリーを大量に買い上げるという大胆な行動に出た。この決断のおかげで、アップルは「iPod(アイポッド)ナノ」や「iPodシャッフル」といった製品への需要を賄い、しかも高い利幅を維持できたのである。

 その年、アップルは米インテル(INTC)との間で様々な意味で重要な契約に署名した。それからの2年間で、両社はインテル製高性能マイクロプロセッサーをアップル製パソコン「マック」に移植するプロジェクトを完了させたのである。アップルにとっては新規顧客の獲得につながり、インテルにとっては急成長する革新的企業としての地位を確固たるものにできた。

 しかし、この提携はインテルに幸福をもたらすものなのか。残念ながら、アップルが長期的に双方にとってメリットがあるようなつき合い方をできるとは思えない。「アップルは常に自社のことしか考えない、しかも短期的な視点で」と指摘するのは、米エンドポイント・テクノロジーズ・アソシエーツの共同設立者であるロジャー・ケイ氏だ。「結局、そのツケは自分たちに回ってくる。パートナーシップというものを分かっていないのだから」。

痛い目に遭ったアドビ、モトローラ、ヒューレット・パッカード

 そのため、ハイテク業界やメディア関係者の多くがアップルと組むことにはリスクがあると考えているのだ。よく言われるのは、ジョブズ氏はきわめて競争心が強くて交渉術にも長けているため、相手を説き伏せてしまうということだ。だが、相手は後になって悔やむことになる。「彼にとって“ウィン-ウィン”なんてどうでもいいことなのだ」と、かつての協力者は言う。

 実例は枚挙に暇がない。技術者の多くが指摘するのは、1980年代にアップルが長年のパートナーであった米アドビ・システムズ(ADBE)を騙まし討ちにしたことだ。アドビのポストスクリプトというページ記述言語を採用しながら、その一方で独自のトゥルータイプフォントを開発して戦いを挑んだのである。

 2004年には米モトローラ(MOT)が、「iTunes(アイチューンズ)」を搭載した携帯電話「ROKR」を製造することで軽率にもアップルと契約を結んでしまった。結果は惨憺たるものだった。保存できる楽曲数をたった100曲までにすることにアップル側がこだわったことが失敗の一因である。

コメント16件コメント/レビュー

この記事はアップルの一人がちを皮肉っているようではあるが、必ずしも非難しているわけでなく、アップルと提携したいと考えてる企業への忠告と受け止めるべきではないでしょうか。提携の結果、片一方が儲かり、片一方が損するのは、ビジネスの結果としてあり得ることであって、異常なこととは思いません。ノウハウ集積に提携を活用するのも普通のことでしょうし、それを承知で新市場開拓の可能性に賭けるのも理解の範疇かと思います。感情的に、どちらかを非難・同情するのがおかしいと思います。記事の内容よりも、これまでのコメントの幾つかの方が、Mac信者の性質が垣間見えたような気がして、興味深かったです。(2007/08/20)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事はアップルの一人がちを皮肉っているようではあるが、必ずしも非難しているわけでなく、アップルと提携したいと考えてる企業への忠告と受け止めるべきではないでしょうか。提携の結果、片一方が儲かり、片一方が損するのは、ビジネスの結果としてあり得ることであって、異常なこととは思いません。ノウハウ集積に提携を活用するのも普通のことでしょうし、それを承知で新市場開拓の可能性に賭けるのも理解の範疇かと思います。感情的に、どちらかを非難・同情するのがおかしいと思います。記事の内容よりも、これまでのコメントの幾つかの方が、Mac信者の性質が垣間見えたような気がして、興味深かったです。(2007/08/20)

私はApple製品を使ってはいるが、熱心な信者ではない。それを踏まえて言うが、MOTOの失敗は単にMOTOにセンスがなかっただけだ。RORKのあのデザインを見て欲しいと思うだろうか。筆者が大きな勘違いをしていると思うのは、Appleを好む人たちがAppleを支持するのは機能や性能に対してではない、という点だ。Appleの市場での存在感はデザイン(それは外装、表層的なものではなく、ポリシーやコンセプト、そして購買体験にいたるすべての部分においてのそれ)に対して支持しているということだ。音楽を聴けるMP3プレーヤーはたくさんある。同じ汎用品を使っているプレーヤーよりiPodが売れた理由を、筆者は「100曲しか入らないから」というようなことだと思っていたとしたら、それは勉強不足だと思う。もっと消費者心理と現場の声を聞いたほうが今後のためだと思う。(2007/08/20)

この記事を読んで、なお一層appleが好きになりました。当然このコメントもMacで書いています。9年前、開業医になったときどうしてもWindowsに切り替えなければなりませんでした。でも今はMacでできることはMacで、できないものはWindowsと切り替えて使用しています。結果として定型的な業務はWindowsで、文章を作る・画像を処理するなど創造的な業務はMacとなっています。Macは宗教のようなものなので、他社との提携はappleの製品そのものが良くなればそれでよいことです。appleのロゴの入らない製品には興味がありません。それが自身の満足と快適さに繋がります。(2007/08/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授