• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグルよりも儲かる株は?

筆頭は投資収益率3000%のニュートリシステム

2007年8月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Douglas MacMillan (BusinessWeek.com記者、ニューヨーク)

米国時間2007年8月16日更新 「Google's Historic IPO Run: Beatable

 2004年8月19日の朝、あなたは何に投資していただろうか?

 ピンとこない方のために書いておくと、この日は米グーグル(GOOG)が新規株式公開(IPO)を果たした日である。1株85ドルという今となっては笑ってしまうほどの安い値で、2250万株を売却した。

 えっ、グーグル株を買わなかったって? まあ、ご自分の読みにはそれなりに自信があったんでしょう。たぶん、マイアミのビーチハウスあたりに投資していたのでは? ここ数年の不動産市場で一番人気でしたからね。もしかしたら、銅みたいな話題の資源に手堅く投資していたかもしれません。あるいは、次の大型IPOをじっと待っていたとかね。

 全米不動産業者協会(NAR)が集計している住宅価格中央値によると、過去3年間のマイアミの不動産投資の収益率は34%前後。銅先物取引なら178%以上の利益が転がり込んできたはずだからね。これは、かなりいい。でも、その程度で満足できればの話。

 グーグルを除けば、IPOで過去3年間のトップ3は、まず電子取引所を運営する米インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)。8月15日時点での投資収益率は415%。カラフルなゴムサンダルを製造する米クロックス(CROX)は367%、中国のディスプレー広告会社フォーカス・メディア・ホールディング(FMCN)は358%。米トムソン・フィナンシャルのリチャード・ピーターソン氏の調べである。

グーグルの478%を上回ったのは11銘柄

 しかし、グーグルのIPO株に匹敵する投資収益を得ることは簡単なことではない。なにしろ、この夏の市場大混乱においても、グーグル株は8月16日の終値で491.52ドル。IPO価格に対し478%もの投資収益率を叩き出しているのだ。

 先見の明があったのか、たまたま運が良かっただけなのか。いずれにしてもグーグル株に85ドルをポンと投じた人が、2004年の最も賢い投資家だったように思われている。

 だが、実はそうでもない。グーグルを上回る投資収益を上げている銘柄は存在するのだ。もちろん、ペニー株(低位株)などではない。

 ビジネスウィーク誌は、米国株式市場での大・中型株の指標であるラッセル1000種指数を精査し、グーグルのIPO以降、最も高い投資収益を上げた銘柄を探した。すると、グーグルを凌ぐ投資収益率を上げているものが11銘柄見つかった。先に断っておくが、これらの銘柄がいつまでも全速力で突っ走るという保障はない。

 この記事が出る1週間前の時点で、グーグル株のパフォーマンスを上回る企業リストには次の3社が含まれていた。米SBAコミュニケーションズ(SBAC)、米ゼネラル・ケーブル・テクノロジー(BGC)、米ジーンズメーカーのゲス?(GES)である。ところが8月13日の週、市場が異常な急落を始めると、これら3社の株価はいずれもグーグルを超える勢いで下落し、リストから消えてしまった。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手