• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クライスラー、社長はトヨタから

レクサス成功させた“販売の鬼”が引き抜きに応じた理由

2007年9月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

David Welch (BusinessWeek誌デトロイト支局長)

米国時間2007年9月6日更新 「Chrysler Helps Itself to Toyota Sales Star

 新生クライスラーのロバート・ナルデリ会長兼CEO(最高経営責任者)が、またやってくれた。ライバルのトヨタ自動車(TM)からジム・プレス北米トヨタ社長を引き抜いたのだ。販売・マーケティングで手腕を発揮し、トヨタの隆盛を支えてきた最重要人物である。

 2001年、元クライスラー社長のロバート・ラッツ氏がライバルのゼネラル・モーターズ(GM)に移った時も大変な騒ぎになった。今回も、自動車業界には大きな衝撃が走っている。

たった1カ月で2人のトヨタ幹部をゲット

 クライスラーがこの電撃移籍を発表したのは9月6日である。米ホームセンター大手ホーム・デポのCEOだったナルデリ氏が、クライスラーの会長兼CEOに就任したのは8月6日のことだ(BusinessWeekチャンネルの翻訳記事を参照:2007年8月23日「クライスラー新CEOの悪評と期待」)

 その1カ月の間に、ナルデリ氏は立て続けに2人の幹部をトヨタから引き抜いた。プレス氏を引き抜く前には、レクサス部門のマーケティング担当副社長デボラ・ウォール・メイヤー氏をトヨタから奪い取り、クライスラーの副社長兼CMO(最高マーケティング責任者)に据えている。

 ナルデリ氏の動きは速い。クライスラーの新経営体制を固めるためなら、自動車業界の雄であるトヨタから人材をかっさらってくることに何の躊躇もないようだ。プレス氏はクライスラーの副会長兼社長に就く予定。既に製造部門を統括しているトム・ラソーダ氏とコンビを組んで、販売と製造の2頭体制を固める。ナルデリ氏が乗り込んでくるまで、ラソーダ氏はクライスラーのCEOだった。

 「すごい大物を釣り上げたもんだ。どうせやるなら、最高クラスを狙った方がいい。ナルデリ氏は自分に何が足らなくて、何が必要なのかをよく知っているようだ」と、オートトレンドコンサルティング(ニュージャージー州)のジョゼフ・フィリッピ社長は言う。“プレス+ラソーダ体制”によって、クライスラーの「供給と需要」を完全に統制できるようになると、クライスラー広報担当のジェイソン・バインズ氏は説明している。

 ナルデリ氏は、業界屈指の「販売の鬼」を手中に収めたと言える。トヨタの北米地域販売部門を長く指揮してきたプレス氏は、トヨタを大躍進させた立役者である。2000年に10%程度だったトヨタ車の北米シェアは今では16%にまで拡大。今年は米フォード・モーター(F)を抜いてシェア第2位に躍り出そうな勢いである。

 プレス氏の下、レクサスは米国市場で高級ブランドのベストセラーになった。その一方で、斬新な「Scion(サイオン)」ブランドの立ち上げによって若年層市場に分けて入ることにも成功した。こうした実績が認められ、プレス氏は昨年、米国市場の販売と製造を統括する持ち株会社、北米トヨタ自動車の社長兼COO(最高執行責任者)に昇格したのである。

コメント8件コメント/レビュー

単に,トヨタ本社は,Press氏を,本社に迎え入れられなかったから,Press氏が次第に面白くなくなって,トヨタを辞めただけではないか.トヨタの役員構成を見てみると,Press氏以外はすべて日本人.この状況では,北米で上り詰めたPress氏が次のポジションを,と願ってもとてもかないそうもない.つまりは,トヨタ,という会社がいかに国際化できていないか,ということを露呈しただけのこと.もっとも,販売のトップを引き抜いたから,といって,クライスラーがすぐにトヨタになれるわけがないのは,トヨタの強さはどこにあるのか,を考えれば自明かと.(2007/09/11)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

単に,トヨタ本社は,Press氏を,本社に迎え入れられなかったから,Press氏が次第に面白くなくなって,トヨタを辞めただけではないか.トヨタの役員構成を見てみると,Press氏以外はすべて日本人.この状況では,北米で上り詰めたPress氏が次のポジションを,と願ってもとてもかないそうもない.つまりは,トヨタ,という会社がいかに国際化できていないか,ということを露呈しただけのこと.もっとも,販売のトップを引き抜いたから,といって,クライスラーがすぐにトヨタになれるわけがないのは,トヨタの強さはどこにあるのか,を考えれば自明かと.(2007/09/11)

他の方も、今回の件が成功、失敗いずれの結果を招くとも興味津々という心理状態で書いていらっしゃるのが読み取れる。アメリカ企業のすごさを垣間見る事が出来た。アメリカでは経営は成果であり夢である。日本のように先祖代々の家族経営的というか、ぬるま湯的と言うか、それは通用しない。食うか食われるか何の成果も出さない無能経営者が高額な報酬を取る風土がどの時代に代わるのかこれにも興味がある。トヨタが今後どんな戦略を駆使するかいまの政治より遥かに面白い。 一寸五分(2007/09/11)

経営はど素人なので分かりませんが、トップを引き抜いて、そんなに変わるものでしょうか?レクサスの成功はこの人一人で作ったものでしょうか?何がしかの命令はしたかもしれませんが、発案、設計、材料の手配、製造、試験、宣伝、販売など多くの人が関わって、初めて成功したのではないではないでしょうか?まるで、この人一人の功績のように論じられ報道されますが、いつも、違和感を持っています。もうそろそろ、経営トップ一人に功績を背負わせるのは止めて、真の功労者を誉めてやっても良さそうに思います。(2007/09/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長