• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サブプライム禍への処方箋

議論百出も決め手なし、大統領選の重要争点に

2007年9月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Dawn Kopecki (BusinessWeek誌、ワシントン支局特派員)

米国時間2007年8月28日更新 「What Will Fix the Mortgage Mess?

 信用市場が混乱に陥り、住宅価格が下落する中、経済全体への影響を最小限に抑えるためにはどうしたらいいのか――。“ウォールストリート”から田舎の“メーンストリート”まで全米の至る所で議論されている。

 米連邦準備理事会(FRB)は、市場の信用を回復するためにもう1歩踏み込んだ措置を講じるべきなのか。州議会は、住宅の抵当流れが頻発するのを防ぐために何らかの行動を起こすべきなのか。

誰を救済し、誰の責任を追及すべきなのか

 そうこうするうちに、過激な主張も出てきた。欧州保険最大手アリアンツ傘下の債権ファンド、ピムコの最高運用責任者(CIO)として有名なビル・グロース氏は、連邦政府による住宅所有者の救済を求めている。

 「政府が小切手を何枚か書けば、住宅オーナーは救われる。このまま放置すれば、破壊的な住宅デフレに陥ってしまう。ところが、ベン・バーナンキ(FRB議長)には手も足も出せない。しかし、クライスラーを救済できて、善良な住宅オーナーを救済できないなんておかしい」(グロース氏)

 だが、言うだけなら何だって言える。各方面からスケールの大きな提案が出されているが、ほとんどは新聞の見出しを飾るにはいいが、現実の問題の解決には全く歯が立たないものばかりである。政治的に実行不可能なもの、大がかりすぎるもの、ただ単にばかげているもの…。

 考えてもみてほしい。米住宅ローン最大手のカントリーワイド(CFC)やニュー・センチュリー・フィナンシャル(NEWCQ)を納税者が払った税金を使って救済すべきだなどという話に国民が納得できるのか。サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題を引き起こした張本人たちを、なぜ救ってやらなければならないのか。

 政府系の住宅ローン債権を買い上げて証券化することで利益を上げている米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ、FNM)と米連邦住宅貸し付け抵当公社(フレディマック、FRE)の力で、米国の住宅制度全体の破綻は回避できると考える者もいる。だが、利益を出すことが使命の株式上場企業である両者が、明らかに問題のある債権を喜んで買うようなことはしない。それを理解できないのは、ワシントンの連中だけだ。

抵当流れの救済は、ほかの納税者へのツケまわし

 今必要なのは、スピードとプラグマティズムである。

 FRBは、既に実施した公定歩合の引き下げに続き、FF(フェデラルファンド)金利の利下げに踏み切ることによって流れを変えることができるはずだ。州政府は、暴利をむさぼるローンの犠牲となった住宅オーナーを保護できる立場にある。悪徳住宅ローンを一掃し、借り手への情報開示を促すことは、健全な市場を取り戻すために絶対に必要である。

コメント1件コメント/レビュー

貸し手に詐欺行為があった場合(その場合は、貸し手の負担で借り手を救済することになる)と、バブルに浮かれた借り手の無謀な行為が原因であった場合とを峻別する必要がある。90年代の日本でも、多額の借り入れで複数のマンションに投資していた人が、借り入れ額が大きくなれば銀行の立場も弱くなり、返済額を負けさせることができると週間誌に語っていたが(その銀行は結局税金で救済されたし)、マスコミに踊らされて安易に借り手を税金で救済すれば、それを見ていた真面目な労働者も、自分も真似をしようと思うだろう。どうしても救済したいのであれば、これまで住宅ローンで儲けていた業界から徴収した資金でやるべきだと思う。巨額の罰金を科してきた米国なら可能だと思うし、とりあえず儲けて、問題が出てきたら損は税金で、という行動をとりがちな貸し手や投資銀行に対する抑止力になるだろう。(2007/09/10)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

貸し手に詐欺行為があった場合(その場合は、貸し手の負担で借り手を救済することになる)と、バブルに浮かれた借り手の無謀な行為が原因であった場合とを峻別する必要がある。90年代の日本でも、多額の借り入れで複数のマンションに投資していた人が、借り入れ額が大きくなれば銀行の立場も弱くなり、返済額を負けさせることができると週間誌に語っていたが(その銀行は結局税金で救済されたし)、マスコミに踊らされて安易に借り手を税金で救済すれば、それを見ていた真面目な労働者も、自分も真似をしようと思うだろう。どうしても救済したいのであれば、これまで住宅ローンで儲けていた業界から徴収した資金でやるべきだと思う。巨額の罰金を科してきた米国なら可能だと思うし、とりあえず儲けて、問題が出てきたら損は税金で、という行動をとりがちな貸し手や投資銀行に対する抑止力になるだろう。(2007/09/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授