• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国清華大学の「日本アニメ研」が愛される理由

2007年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【筆者からの、ちょっと長い自己紹介】

 皆さん、こんにちは。

 私は遠藤誉(えんどう・ほまれ)と申します。私がなぜ、「中国動(アニメ)漫(マンガ)新人類」を書くことになったかをご理解いただくため、連載を始める前に、先ずはざっと、自己紹介をさせていただきたいと思います。

 1941年1月3日、私は中国の北の方にある、現在の吉林省の長春市で生まれました。1945年8月15日に日本が敗戦すると、中国では毛澤東が率いる共産党軍と、今では台湾にいる国民党との間に内戦が起こり、長春はその主戦場になりました。この戦争は多くの犠牲を払いながらも共産党軍の圧勝に終わり、1949年10月1日に中華人民共和国(新中国)が誕生しました。

「日本鬼子!」と罵られて

 私はその時長春を脱出して北朝鮮との国境に近い延吉にいたのですが、1950年6月から朝鮮戦争が始まったため、その年の暮れに万里の長城を越えて天津に行き、天津で小学校に上がりました。中国人ばかりの小学校です。小学校では「日本鬼子!」とか「日本狗!」(いずれも「日本の鬼畜生!」という意味)と罵倒され、石を投げられ唾を吐きかけられて、自殺を試みたこともありますが、「悪いのは一部の軍国主義者だ」という担任の先生の言葉に救われ、その後はしっかり「毛澤東思想」の教育を受けて、1953年9月に日本に帰国して参りました。

 その後、理論物理の研究に没頭していたのですが、1983年頃から中国人留学生が増え始め、私は理論物理の研究を捨てて、中国人留学生の指導をする職場を選ぶことになりました。「自分は決して侵略主義者の子供ではない」ということを、今度は自分が日本にいて中国人と接し、中国人留学生のために貢献することによって、証明したいという心の叫びが、そうさせたのです。既に40を超え、子供も2人いましたが、それでも満たされないほど、小さい頃に受けた心の傷は埋めようもなく疼き続けていたのです。

 あれから約二十数年間の年月が流れていきました。

 私はいつも大学や大学院に入学する年代の中国人の若者たちと接触してきたことになります。その間、ずうっと、彼等の変化を見てきました。そして、どうにも納得のいかないものにぶつかり始めたのです。

 変化が出始めたのは、90年代の半ばあたりだったかと思います。特に私をハッとさせたのは、中国への思いでした。

「遠藤先生の方が、ずっと“中国人”ですよ」

 私の方がずっと「中国」にこだわり、熱い思いを抱いていて、この中国から来た若者たちの方が、ずっと「中国」に対して淡白で、「中国」を突き放しているということに気がつき始めたのです。学生たちは口を揃えたように「遠藤先生の方が、私たちよりずっと“中国人”ですよ」と言って笑います。

 そんな彼等に対し、あなたたちは、いったい「どこを向いてるの?」という疑問が、私の心の中にふつふつと湧き始めました。2000年に思い立って、日中韓3カ国の中学3年生を対象とした意識調査を行ってみました。その時ひょっこり浮かんできたのが、中国の若者たちの「日本のアニメ」への関心度の高さでした。

 また私は日本留学を志望する中国人学生たちの現地面接を北京で行っていますが、「なぜ日本に憧れを持ったのか」という質問に対して、ここ数年は、「日本の動漫を見て育ったから」と、はばからずに答える者が多くなっていました。

 そんな折、中国で反日デモが起きました。2005年4月のことです。あの憎しみに歪んだ若者たちの激情に、ゾッとしなかった日本人はいなかったでしょう。ところが、その2週間後、私は北京で、日本留学を希望する中国人学生たちの現地面接をしたのですが、まるで何事もなかったかのように多くの学生が集まったのです。しかも驚くべきことに、中には「反日デモって何のことですか?」と怪訝な顔をする者もいれば、「デモはデモ、学問は学問。まったく別物です」と言い切る者もいたのです。

 私はますます混乱し始めました。胸が騒いで、落ち着かなくなってしまったのです。

 中国にびっくりさせられるのは、もちろんこれが初めてではありません。私は1990年代の半ばから、中国人留学生の留学効果に関する調査を、日本留学と欧米(特にアメリカ)留学の比較を通して追跡してきましたが、WTO(世界貿易機関)加盟を迎えた中国が「日本を飛び越えてカリフォルニアのシリコンバレーとつながっている」ことを発見して驚いたことがあります。それを『中国がシリコンバレーとつながるとき』という本にまとめ、日経BPから出版していただいたのでした。

 世界に跨るトップエリートである博士たちを結び付けているグローバルネットワークがあると思ったら、今度は小さな子供から大学生まで、どっぷり日本の動漫に浸かって熱狂している。

アニメも漫画も知らないけれど、調べてみよう!

 私は既に60歳を超えていました。このまま仕事を続ければ雑事に追われて何も究明できなくなるという思いと、現場にいるからこそ見えるのではないかということのジレンマに苛まれ、2006年に遂に執筆に専念しようと決意して私立大学の留学生関係のセンター長を辞して、中国の若者の精神文化を解剖する作業に着手したのでした。「ええい、これも現実。しょうがないからトコトン調べてしまえ」と思った次第です。

 そこで見えてきたものは、私にとって驚きを禁じえないものばかりでした。日本の動漫が中国を席巻していたことは分かっていたとしても、まさかここまでとは思っていなかったのです。ただ、私はアニメにも漫画にも特に興味を持ったことのない人間です。だからはっきり言って、動漫に関しては無知です。ですから、この齢になって初めて「スラムダンク」のアニメを見たり、子供たちがかつて読んでいた古い漫画を取り出してきて、中国の若者がこの中の何に惹かれたのかを見出そうと闘ったりしています。したがって、動漫に対する無知に関しては、どうか寛容に見ていてください。

 私の中国における実体験と、長年に亘って中国人留学生と接してきた経験が、このシリーズにおける分析に、いくらかでも役立てば望外の喜びです。しばらくの間、皆さんとともに考察を試みたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

2007年9月12日 遠藤 誉

 2010年、そしてさらに未来を担う若者の変化の理由を知りたい。そう考えた私は、さっそく中国の大学の「日本動漫(動=アニメ、漫=マンガ)」サークルに行ってみることにした。

 清華大学の日本動漫サークルは、正式名称「次世代文化と娯楽協会」。1999年に発足し、最初は10人足らずから活動を始めたが、今ではなんと、600人以上いるという。これは中国の大学サークルとしても大きい方だ。

 このサークルは最初はゲーム好きの学部生が作ったという。「次世代」という名称は、当時のプレイステーションやドリームキャストなどの「次世代ゲーム機」に由来するらしい。現在の活動内容は大学内の学生全てを対象とした「漫画本の貸し出し、アニメ鑑賞会、ゲーム大会、創作を通した同人誌の発行」などだ。同人誌も大学内で漫画を公募し、優秀な作品を載せているという。

コメント43

「中国"動漫"新人類」のバックナンバー

一覧

「中国清華大学の「日本アニメ研」が愛される理由」の著者

遠藤 誉

遠藤 誉(えんどう・ほまれ)

筑波大学名誉教授

1941年、中国長春市生まれ、1953年帰国。理学博士。中国で国務院西部開発弁工室人材開発法規組人材開発顧問、日本では内閣府総合科学技術会議専門委員などを歴任。2児の母、孫2人。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長