• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「先生、私はセーラームーンを見て日本に来たんです」

2007年9月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「先生、先生がもし中国の若者と日本の動漫(アニメ・漫画)について書くのだったら、『セーラームーン』のことを書かなければなりません。あれを無視することはできませんよ!」

 私は現在、帝京大学の「中国文化論」という講義の中で、中国の若者文化を日本人の若者たちに紹介しているが、その受講生の中にいる中国人留学生が、講義を終えて研究室に戻ろうとする私の後を追いかけてきた。社会学を学ぶ大学 3年生、石暁宇(セキ・ギョウウ)さん(女性)だ。

若い世代にどう日本動漫が浸透したのかを知るチャンス

「書かなければならないって、あなた、それって……」
「いえ、先生。絶対に書いてほしいんです。私が小さい頃、中国には日本のアニメや漫画に出てくる"変身"という概念はありませんでした。けれども中学生になるころ、セーラームーンをはじめてテレビで見てびっくりしました。だって主人公が変身するんですもの。彼女たちは変身して正義のために闘うことを教えてくれた。私たち女の子はセーラームーンに"変身"しては、クラスの男の子をやっつけていました。あんな楽しい思い出を残してくれたアニメはありません。私は、だから日本に来たんです」

 いつもはどちらかと言うと無口で無愛想で、やや批判的な目で講義を聴いているような感じの彼女が、突然私を追いかけてきて「セーラームーン!」と熱く叫びだすとは、何とも意外だった。講義の最初のアンケートには「自分は日本人に中国語を教えているが、中国の文化に関して聞かれることがあり、回答できないことが多いので受講します」と書いていた女性だ。 23歳にしては大人びた顔だちで、体つきも女性としてはいささかがっちりした感じなので、咄嗟にかわいらしい「セーラームーン」のイメージと結びつかず、意表を突かれてしまった。

 ここまで言われては無碍(むげ)に断ることはできない。それに前回お話ししたとおり、中国の若い世代にどう日本の「動漫」が浸透したのかについて、具体的に知るチャンスだ。私はお茶を用意して、彼女の話をじっくりと聞くことにした。

             **************

 石暁宇さんは1983年、中国の北の方にある遼寧省大連市で生まれた。来日は 2003年。幼稚園の時にアニメの「一休さん」を見て、日本の動漫にハマりだした。「一休さんは多くの知恵を教えてくれた。だから、きっと頭がよくなれば人に好かれ、友達ができるにちがいないと思って、たくさん勉強しよう」と幼心に思ったそうだ。

 小学生になると今度は「ドラえもん」だ。「日本の建築や部屋の中のインテリア、ご飯のおかず、お風呂の入り方など、日本の生活スタイルにアニメを通して初めて接して、何てステキなんだろうと思って、日本への憧れを抱くようになったんですよ」。

 アニメが見せてくれる画像は、日本がまるで自分の目の前にあり、手の届くところにあるように感じさせてくれた。テレビの画面は、それこそドラえもんの秘密道具「どこでもドア」そのものだったという。この頃から彼女にとって、テレビの画面は自分を別の世界へ連れて行ってくれる「特別な道具」と化していた。テレビの向こう側の世界は夢に満ち、自分が独占でき、疑似体験をさせてくれる場所への「ドア」だった。

 中国で日本の動漫ブームが凄まじい勢いで起き始めたのは、石さんが中学生になった頃。女の子は「セーラームーン」、男の子たちは「スラムダンク」に夢中になった。スラムダンクは女の子にも人気があったので、バスケットボールがうまい男の子は女の子たちの憧れの的になった。男の子もそれを意識してか、バスケをやる男の子が急激に増えた。クラス全体でも、「スラムダンク」で描かれたような、チームワークの大切さとか、友情の重さとか、頑張るということが「かっこいい」というムードになり、それは勉強の面においてもプラスに働いた。

 中学生の石さんはどんなふうに「セーラームーン」ごっこをやっていたのだろう。何と彼女は仲良しの女の子3人でセーラームーンのグループを作り、昼休みになると急いで弁当を平らげ、その日の闘いのストーリーを練ったという。

 たとえばお弁当にゆで卵があれば、卵を大量に食べさせて悪者をやっつけるストーリーを創り上げる。お弁当を食べ終わるのも待てずに、持っているお箸で「変身」ポーズを決める。

変身ごっこに明け暮れた中学時代

 「バカか…」とつぶやく男の子がいたら、しめたもの。その男の子を悪者に仕立て上げ、創り上げていたストーリーの罪名をつけて、男の子を 3人でやっつける。男の子がなかなかやられない時は、クラスメートの中の女の子を適宜2人誘って、5人グループでパワーアップして、「月に代わってお仕置きよ!」とやっつける。いくらやられても男の子はさらに笑いものにしようとするので、彼女たちもますますパワーアップして、男の子をやっつけていく。こんなことを来る日も来る日も続けていたそうだ。

 日本の中学生の女子でこれをやっていたら、かなりクラスで浮いてしまいそうだ。当時のクラスメートはどんな雰囲気で彼女たちを見ていたのだろう?

「ぜんぜん普通でしたよ。女の子たちはみんな日本動漫の漫画を描くことに夢中だったし、全員がセーラームーンを見ていたので、私たちの変身ごっこを喜んで見ていました。だからパワーアップする時に加わってもらう 2人も、いつも簡単に見つかったんです」

 大ヒット中のセーラームーンのアニメを見ていない女の子は、クラスに1人もいなかった。毎日、授業の休み時間には前の日のセーラームーンの展開に関してきゃあきゃあと話題が盛り上がる。その輪の中に入れなかったら仲間はずれになるので、ますます全員がきちんと放映をチェックするようになっていた。

 詳しく聞いてみると、さすがに中学生で「変身」は恥ずかしい、というメンタリティはクラスのみんなにもあったそうだ。ところが石さんたちの 3人グループは誕生月が一番遅く、まだ12歳。また偶然にも背が低かった。いわば、小学6年生に近いと思われていて、「この3人がやるのなら」という雰囲気がクラスの中にあった。「私たち3人が先にやってくれれば、自分たちが続けてやっても、そう恥ずかしいことではない、とみんな思っていたようです」と石さん。自分からやりたい、と言い出せないクラスメートたちは、この 3人の変身が始まるのを心待ちにして、パワーアップの時には喜んで「残りの2名」に志願した、というわけだ。その結果、いつのまにかクラスの女の子のほぼ全員がセーラームーンに「変身」したことがあるようになったという。

 そんな娘を、彼女の両親はどう見ていたかというと、これはやっぱり厳しい顔をしていたようだ。

【最終ページにアンケートのお知らせがございます。是非、ご覧ください。】

コメント15

「中国"動漫"新人類」のバックナンバー

一覧

「「先生、私はセーラームーンを見て日本に来たんです」」の著者

遠藤 誉

遠藤 誉(えんどう・ほまれ)

筑波大学名誉教授

1941年、中国長春市生まれ、1953年帰国。理学博士。中国で国務院西部開発弁工室人材開発法規組人材開発顧問、日本では内閣府総合科学技術会議専門委員などを歴任。2児の母、孫2人。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長