• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

欧州に金融不安が蔓延

英銀行ノーザン・ロックの取り付け騒ぎが飛び火

2007年9月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Mark Scott (BusinessWeek誌、ロンドン支局記者)

米国時間2007年9月17日更新、「Bank Worries Roil Across Europe

 英国、そして欧州の銀行業界が困難に直面している。9月17日、住宅金融の中堅銀行である英ノーザン・ロック(NRK.L)の株価が35%も急落したのである。14日に31%超下げたばかりだった。

 週末には、同行の倒産を恐れて預金を引き出そうとする預金者が長い列を作っていた。引き出し額はざっと35億~40億ドルと見られている。このパニックで株式市場は動揺し、アナリストは同じ問題を抱える銀行がほかにもないか探り始めている。

 政治家や金融当局は「預金は安全だ」と繰り返し呼びかけたが、預金引き出しには歯止めがかからなかった。アリステア・ダーリング英財務相は「必要ならば、ノーザン・ロックの預金は政府が保証する」と発言。同行も「あらゆる戦略的選択肢を積極的に検討している」と声明を出した。だが、今のところ具体的な動きは見られない。

英ノーザン・ロックの取り付け騒ぎが欧州全域に波及

 9月17日には、不安感が広がり、英国のほかの中堅銀行にも影響が及んだ。ブラッドフォード・アンド・ビングレー(BB.L)の株価は15.4%下落、アライアンス・アンド・レスター(AL.L)は31.3%も下落した。

 「週末に流れた(ノーザン・ロックに関する)ニュースに対して、ごく自然に反応したものだ」。マンチェスターの投資銀行ダニエル・スチュワート・アンド・カンパニー(DAN.L)のアナリスト、ジャスティン・ベイツ氏は言う。

 危機は瞬く間に広がった。ノーザン・ロックは、ローン証券化などの最新の金融技術を使って、英住宅金融5位、市場シェア19%にまで急成長した。ビジネスウィーク誌の選んだ「2007年の急成長企業50社」では第24位につけた。

 この中堅銀行の危機が表面化したのは9月13日の午後遅くのことだ。ノーザン・ロックが、イングランド銀行(英中央銀行)に対して緊急融資を要請したのである。他行からの資金調達に失敗したためだ。緊急融資のニュースが引き金となって、翌14日から“負のスパイラル”にはまり込んだのだ(BusinessWeek.comの記事を参照「Crisis at Northern Rock」)。

英国のGDP成長率が3%から2%に縮小

 問題は、影響が経済全体に波及する恐れがあることだ。米大手コンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤングは14日、金融市場の混乱により、2008年の英国国内総生産(GDP)の伸び率は従来予想の3%弱から2%前後に縮小する可能性があると警鐘を鳴らした。リポートによれば、「流動性の悪化によってポンド3カ月物金利は6.9%まで上がっている。この状況が長引くと、個人や法人に対して銀行の貸し渋りが起こる」という。

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表