• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

砂漠の中にウォール街?

中東の金融センターを目指すドバイの壮大なる野望

2007年10月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Stanley Reed (BusinessWeek誌ロンドン支局長)

米国時間2007年9月27日更新 「Wall Street in the Desert?

 ラマダン(断食月)の1カ月、中東はひっそりと静まり返る。商店は昼過ぎには閉店し、商取引はほとんどストップする。イスラム教徒の大半は日没まで断食するため、世界各地を飛び回って投資活動に精を出す力など出てくるはずもない。

 そう考えると、ラマダンの間の2週間にわたるサウド・バーアラウィー氏の過酷なスケジュールは超人的だった。ラマダンが始まった9月13日から、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、ストックホルムを駆け回った。ドバイに戻った時には「イフタール」──毎晩、断食明けに取る伝統的な食事──を食べ損ねるほどの忙しさである。

ナスダックと組み、次はロンドン証券取引所を狙う

 実はバーアラウィー氏は、ドバイ首長国を国際的な金融センターにしようとする計画の中核人物で、ドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏の主要投資会社であるドバイグループの会長を務めている。ドバイ取引所と米ナスダック、スウェーデンの証券取引所運営会社OMXグループ、ロンドン証券取引所(LSE)を巻き込んだ65億ドルに上る複雑な取引所再編劇を成立させた立役者である。

 一連の取引の結果、ナスダック・ストック・マーケット(NDAQ)がOMXグループを買収、ドバイ取引所がナスダック株の20%を取得、ナスダックがドバイ取引所の子会社株を3分の1所有することになる。9月26日、合計47%のOMX株を所有する投資家らが支持を表明したため、買収は成立に一歩近づいた。ドバイ取引所はナスダックが保有するロンドン証券取引所株の28%も買い取ることになる。

 これで、ナスダックは成長著しい湾岸地域への足がかりを築き、次の段階としてロンドン証券取引所を買収するための有力なパートナーを得た。OMXは、欧州各地に証券取引所を保有し、自社開発の取引ソフトウエアを世界60カ所の証券取引所に納入している。そのソフトウエアの販売を拡大するための有力な後ろ盾を得た。そして、ドバイ取引所は、湾岸地域の金融センターになるという野望を実現するための協力な援軍を得たことになる。

「ドバイを金融センターにする」──ムハンマド首長の野望

 この取引こそ、ドバイとムハンマド首長の野望を目に見える形にしたものだ。ドバイは石油資源が豊富とは言えない。ムハマンド首長は長年、海運業やハイテク産業といった非エネルギー産業の育成に力を入れてきた。そして、自己資金と借入金をつぎ込んで数十億ドルという莫大な投資ポートフォリオを築いた。その中には、ニューヨークの「エセックス・ハウス」やロンドンの「カールトン・タワー」といった最高級ホテル、膨大な不動産が含まれる。HSBC銀行(HBC)や欧州航空機メーカーのEADSの大株主でもある。

 ムハンマド首長は、今こそ湾岸地域に金融センターを築く絶好のチャンスだと考えている。ここ数年で湾岸地域に流れ込んだ何兆ドルという巨額のマネーから利益を上げられると踏んでいるからだ。「しっかりした金融市場を確立すれば、この地域が大きく変わる」とバーアラウィー氏は言う。

 目標を達成するために、ムハンマド首長はトップクラスの金融専門家チームを結成した。バーアラウィー氏(46)は米シティグループ(C)に10年間勤務し、リスクマネジメント部門に始まり湾岸地域の財務責任者にまで出世した人物だ。現在は5カ国に130人の部下を配置し、世界各地の投資案件探しを指揮している。

 例えば、トーマス・ボルピ氏は、バーアラウィー氏の腹心としてドバイグループのCEO(最高経営責任者)を務めている。前職は、サンフランシスコの投資銀行ハンブレクト・アンド・クイストの社長だ。パー・ラーソン氏は、OMXの前身企業の社長だった。現在は、ドバイ取引所のCEOを務めている。「ムハンマド首長の狙いは、できるだけ早く、ドバイをニューヨークに匹敵する金融都市にすることだ」と、ムハンマド・アリ・アラバー氏は言う。不動産会社エマール・プロパティーズの会長で、ムハンマド首長の顧問を務める人物である。

カタールも間に割って入るが、ドバイが一枚上手

 金融市場の可能性に賭ける中東のリーダーは、ムハンマド首長だけではない。ドバイから約400キロ西に位置するカタールの首都ドーハでは、シェイク・ハマド・ビン・ハリーファ・アール・サーニー首長が同様の戦略を採用。石油やガスなど天然資源への依存度を下げるためのプロジェクトに約400億ドルの予算をつけた。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO