• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本にハマってしまった「哈日(ハールー)族」たち

2007年10月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さて、今度は日本動漫ブームが生んだ、中国若者世界のとあるムーブメントを紹介しておこう。

 中国ではここ数年、中学生くらいの年齢の女の子を中心として、すっかり「日本にハマってしまった」現象が進行している。

 普通の「はまり方」ではない。

 服装は日本と提携して中国で発行されているファッション雑誌も参考にしながら、ネットでダウンロードした日本の若者ファッションを同時進行で取り入れたスタイルで決める。原宿や渋谷で見かける日本の女の子たちと見まがうばかりだ。

原宿・渋谷の「カワイイ」が中国に

 ヘアスタイルだって負けていない。ファッション雑誌やネットで気に入ったスタイルの画像を持ち込んで、日本流の技術を標榜する美容院に駆け込み、これもバッチリ決めてもらう。アクセサリーや靴あるいはバッグなどには特に事細かに気を配る。ここで仲間と差がつけられるからだ。

 昨今の日本の女の子たちは――いや男の子でさえ――身の回りのファッションやグッズに対して「かわいいか、かわいくないか」を基準として選び、何かにつけて「キャーッ、カワイイッ!」とか「ね、これ、カワイくない?」といった言葉を連発するが、この「カワイイ文化」が、なんと中国にもそのまま取り入れられ、中国語で「(カ)哇依」(ka-wa-yi)という表音表現で流行しているのである(編注:カは漢字の「力(ちから)」ではなく、中国語読みを表記した、カタカナのカです。この中国文字は「上」と「下」という文字を上下に重ね、間の横棒を一本にした文字です)。

 中国語の検索サイトで「(カ)哇依」と入れると、「(カ)哇依(カ)通(カトゥーン)飾品」「 (カ)哇依加盟連鎖(チェーン店)」「(カ)哇依新聞」「(カ)哇依天使部落」「(カ)哇依形象設計」など、数十万項目が出てくる。このうち「飾品」は「装飾品」のことである。

 面白いのが「形象設計」。

 これは中国独特の現象かもしれない。自分の写真を撮ってもらって、それを好きなファッション画像の中にはめ込んでパソコンで加工し、その画像の主人公に仕立て上げた写真をプリントアウトしてくれるのだ。

モデルやアニメの顔に、自分をコラージュする授業がある

 ファッション雑誌のモデルの顔だけを自分の顔にすげ替えたり、アニメの主人公の顔に自分の顔をはめ込んだり、あるいはテキパキと働くスチュワーデスになりすましたり、どんなシチュエーションにでも置き換えてくれる。顔の輪郭も目鼻立ちも修整してくれる。自分の理想や幻想を写真の中で現実化できるわけだ。

 そんなわけで上昇志向に燃える中国の若者の間ではことのほか人気がある。どのくらい人気があるかというと、この「形象設計」、学校のカリキュラムに組まれているほどだ。

 中国では、高等教育の中に「専科」というのがあり、ちょうど日本の専門学校に相当したような教育機関がある。そこでは早くからこの「形象設計(デザイン)」専攻が設置されている。

 このような「(カ)哇依形象設計」は、日本の「カワイイ文化」の中に自分の顔をはめ込む「デザイン」ワークなわけである。中国で今猛烈に流行っているコスプレの原型と言ってもよいだろう。

 そんな自分の写真をはじめ、部屋の壁に日本のアニメや漫画やタレントの写真を貼りまくり、「(カ)哇依加盟連鎖(チェーン店)」で購入した「カワイイ・グッズ」で部屋中を埋め尽くし、枕にも布団カバーにも日本のアニメの夢見る顔を施し、日本のヒットソングを聞きながら日本の漫画やアニメを鑑賞し、任天堂などのゲームに興じる。

畳を敷いて、浜崎あゆみに熱狂する

 さらに高じてくると、部屋に「タタミ」までセットする場合もあるから、もう尋常ではない。「タタミ」もすでに中国語化されており、「榻榻米」(ta-ta-mi-)と書く。

 日本のタレントに対する熱狂ぶりもすさまじい。浜崎あゆみに関して例を取るなら、たとえば中華人民共和国という、中国にとってはもっとも神聖な文字である「共和国」を用いて、「浜崎共和国」というファンクラブを結成したり、浜崎あゆみを「東洋妖姫」と呼んだりなど、その加熱ぶりは増すばかりである。

 こういう若者群像を中国では、「哈日(ハールー)族」と呼ぶ。

コメント7

「中国"動漫"新人類」のバックナンバー

一覧

「日本にハマってしまった「哈日(ハールー)族」たち」の著者

遠藤 誉

遠藤 誉(えんどう・ほまれ)

筑波大学名誉教授

1941年、中国長春市生まれ、1953年帰国。理学博士。中国で国務院西部開発弁工室人材開発法規組人材開発顧問、日本では内閣府総合科学技術会議専門委員などを歴任。2児の母、孫2人。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO