• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

任天堂、全方位戦略に転換

家族や友達の取り込みは大成功、次の狙いはゲームマニア

2007年10月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Kenji Hall (BusinessWeek誌、東京支局テクノロジー担当記者)

米国時間2007年10月10日更新 「Nintendo: Calling All Players

 任天堂(7974.T)が“大衆”に照準を合わせていることは、誰が見ても明らかだ。昨年の新作ゲーム発表会でその方針を前面に押し出し、今年10月10日に千葉市の幕張メッセ・コンベンション・ホールで開催された「任天堂カンファレンス2007秋」でも踏襲された。

 会場では、白地に灰色の社名ロゴと並んで、「Wii(ウィー)」の最新ゲームソフト「Wiiフィット」の巨大広告を掲げた。楽しそうに笑う子供と大人が最新の「バランスWiiボード」の上で様々なポーズを取って遊んでいる姿が大写しになっている。壇上に上がった岩田聡社長は、集まった記者、ブロガー、ゲームソフト開発者、テレビカメラを前に、「Wiiは幅広い層を取り込んだことでゲーム業界を変えた」と、大衆戦略をさらに強化する方針を示した。

大衆向けとマニア向けの間の壁を壊す

 しかし、今年は昨年と違う点もある。今まであまり取り込めていなかったゲームマニア層の獲得にも乗り出したのだ。カプコンの「モンスターハンター」シリーズと、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」シリーズをWii向けゲームソフトの品揃えに加えることを発表した時には、会場にどよめきが起こった。両社はこれまで、ソニー(SNE)と提携関係にある。

 こうした大作の獲得は、最先端のゲームソフトを動かすには処理能力が足りないというWiiのイメージを変えるだろう。「モンスターハンターはゲーム製作の最新技術を象徴する存在だ。Wiiでこの種のゲームができるとは思わなかった。その能力は今日この会場で実証された」と、ゲーム市場調査会社エンターブレイン(東京)の浜村弘一社長は述べた。

 大衆向けの対応も忘れてはいない。Wiiリモコンはテニスラケットのように振ったり銃のように構えて撃ったりして遊べる優れもので、去年11月の発売から1年近く経った今でも、日本、米国、欧州で品薄状態が続いている。それをさらに進化させようというのだ。「大衆向けゲームとマニア向けゲームの間にあった壁を壊す」と岩田氏は宣言した。

 今後、指を器用に動かして操作することなく、存分に楽しめる奥の深いゲームを次々に世に送り出していく。岩田氏は、昨年11月に発売した「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」の顧客層を見ると一般大衆とゲームマニアの両方に受け入れられていると言う。

大衆偏重戦略は中長期的にリスクがある

 両タイプの顧客を満足させるという方針転換は、多くのソフト開発企業から歓迎されている。ゲームソフト開発会社テクモ(東京)の安田善巳社長は、「任天堂のマーケティング戦略には最大限の敬意を表したい」と言う。アナリストらも、今や株式時価総額でトヨタ自動車(TM)に次ぐ日本第2位となった任天堂に最大級の賛辞を惜しまない。

コメント4件コメント/レビュー

岩田氏がコア・ライト両方に受け入れられたと語ったゼルダはトワイライトプリンセスではなく、6月に発売されたDSの夢幻の砂時計だったはず。確認してみてください。前のコメントに。先月の米国シェアはXbox360最強のキラータイトルHalo3が発売されて首位に返り咲きましたが、これほどのビッグタイトルがあってもWiiとの差はわずか2万台という誤差ていどにしかなりませんでした。また、ハードの差で同じ事が出来ないのはXbox360やPS3にとっても同じです。これらの高性能ハードがどれほどパワーを発揮してもロンチタイトルのWiiスポーツさえ模倣することは不可能なのです。実現可能なゲームの可能性の広がりが次世代であるならばWii以外は旧世代機とみなされても仕方ない状態にあります。現実問題としてPS3や360で出来る内容は基本的にWiiでも出来ますから。違いはリッチさだけで。(2007/10/25)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

岩田氏がコア・ライト両方に受け入れられたと語ったゼルダはトワイライトプリンセスではなく、6月に発売されたDSの夢幻の砂時計だったはず。確認してみてください。前のコメントに。先月の米国シェアはXbox360最強のキラータイトルHalo3が発売されて首位に返り咲きましたが、これほどのビッグタイトルがあってもWiiとの差はわずか2万台という誤差ていどにしかなりませんでした。また、ハードの差で同じ事が出来ないのはXbox360やPS3にとっても同じです。これらの高性能ハードがどれほどパワーを発揮してもロンチタイトルのWiiスポーツさえ模倣することは不可能なのです。実現可能なゲームの可能性の広がりが次世代であるならばWii以外は旧世代機とみなされても仕方ない状態にあります。現実問題としてPS3や360で出来る内容は基本的にWiiでも出来ますから。違いはリッチさだけで。(2007/10/25)

この記事で指摘している通りゲームマニア層向けのゲームを任天堂は開発すると思います。事実、任天堂は「メトロイド」と「ゼルダの伝説」というマニア向け巨大シリーズを発売しようとしています。しかし、だからといって戦略を変更したとは絶対に言えないと思います。もしそうであるならば、それは任天堂の過去20年間のビジネスモデルを根底から覆す動きであり、ゲーム業界に天変地異をもたらすような動きであるにもかかわらず、発売予定の商品からはそれから変更する気配が見えないからです。任天堂はこの20年ほど戦略がぶれたことは一回もありません。任天堂の戦略は明快です。「将来ゲームを買う層を増やし続ける」これだけです。ですから、どんなに儲からなくても小学生向けソフトというこれからゲームに興味を示す将来の重要顧客向けのゲーム開発を欠かしたことはありません。「ポケットモンスター」は当時、完全に見捨てられたハードであるゲームボーイで、かつ一番売上が低い小学生対象に開発されたソフトです。逆に言えば、あまり売れなかったとしても任天堂にしてみれば似たようなソフトを発売し続けるであろうことになります。現在のWiiやDSLも、完全にこの視点に立ってゲームソフトを開発しています。そのため、>大衆偏重戦略は中長期的にリスクがあるは間違いで、対周辺十戦略でゲーム業界のパイを広げようとし続ける、これこそが任天堂が20年間安定した経営を維持し続けてきた根幹であり、その動きにはいささかの不変がないと思います。(2007/10/25)

 もともと、任天堂は幅広い層に幅広いジャンルのゲームを提供してきた以上、戦略の転換という言葉には多少の違和感があります。より大衆向けにシフトしているということではないでしょうか。他のソフトメーカーが任天堂の動きを注視しているのは、多くのメーカーにとって幅広いそうにゲームを売るのが必ずしも得意ではないからではないでしょうか。 いずれにせよ、どのようなゲームがプレイヤーの心をつかむかは実際にやってみない限り誰にもわからないという面があるところは否めないところです。3次元表示が本格的に可能となった90年代に白黒表示しかできないポケモンがゲーム市場の主戦場に上ってきたことは、その典型例と言ってよいと考えます。(2007/10/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長