• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ブロードウェイ、「作品の8割は赤字」のカラクリ(上)

2007年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は、米ニューヨークで最も賑わう交差点、タイムズスクエアに魅せられてきた。そして、年3回のペースでニューヨークに滞在し、キーパーソンへの取材をしながらこのエリアを研究してきた。

 なぜタイムズスクエアなのか。時々「他の都市は研究しないんですか?」「おのぼりさんですねえ」と言われることがある。そんな時は、「英語辞典」で知られるサミュエル・ジョンソン博士の名言をもじって「タイムズスクエアに飽きた人は人生に飽きた人だ」とお答えすることにしている。

Times Square

Times Square in Manhattan, New York City


 事実、日々目まぐるしく変貌を重ねているこのエリアを研究していると、面白くて面白くてたまらない。まず、このエリアにはブロードウェイの劇場が立ち並び、劇場を取り囲むようにホテル、レストラン、小売店が連なり、一大観光地になっている。華やかなブロードウェイ・ミュージカルの舞台に足を運ぶのは、私の何よりの楽しみである。

 そして、このエリアはその名前の由来となったニューヨーク・タイムズ紙の本社をはじめ、「ニューヨーカー」や「ヴォーグ」などを発行する出版社のコンデナストの本社もある。英ロイターの米国本社もここだ。その他、ABCニュースやMTVのスタジオもあり、メディア産業の集積地になっている。タイムズスクエアを歩くたびに私は強烈な磁力を感じる。

 また、このエリアには、モルガン・スタンレーやリーマン・ブラザーズ、ナスダック・マーケットサイトなど、金融機関もオフィスを構える。そして、取材を重ねるほど、このエリア内のいろいろなつながりが見えてくる。そうなると、他の都市に研究を広げるよりも、タイムズスクエアを極めた方がよいと思えるようになった。こうした私の遊びと仕事を兼ねた研究に、これからおつき合いいただければと思う。

 第1回目はブロードウェイを取り上げてみたい。「9・11」直後こそ興行成績が落ち込んだブロードウェイだが、その後は順調に客足が戻り、2006~2007年シーズンのブロードウェイ全体の総売り上げは9億3900万ドルと史上最高記録を塗り替えた。ロングランする作品が多くなっているため、劇場が空くのを待っているプロダクションも増えている。そして、ブロードウェイの劇場数は、来年には1つ増えて40になる。

コメント2

「茂木崇の「タイムズスクエアに魅せられて」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長