• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

果てしなき中国株の熱狂

“根拠なき熱狂”はいったいいつまで続くのか?

2007年11月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Frederik Balfour (BusinessWeek誌、アジア特派員、香港)

米国時間2007年10月17日更新 「No Bounds for China's Stock Frenzy

 中国の投資家の“根拠なき熱狂”がかつてない水準に達している。10月15日、上海総合株価指数は6000ポイントの大台を突破。10月17日は6337と、なんと年初来125%の上昇で終えた。より広範なCSI300指数(上海と深セン証券取引所の主要銘柄に連動)は185%上昇と、その勢いは衰える様子がない。

 「完全に制御不能だ」と、米JPモルガン・チェース(JPM)北京支店のマネージング・ディレクター、カール・ウォルター氏は言う。共著書に中国の株式市場について書いた本『Privatizing China』がある。

「リスクに対する認識不足について懸念」と政府当局

 政府当局も事態を憂慮している。中国証券監督管理委員会の尚福林(シャン・フーリン)委員長は、北京で今週(10月15日)開幕した第17回中国共産党大会の公開討論で注意を喚起した。

 「投資家のリスクに対する認識不足について懸念している」との同氏の発言は、10月17日の中国英字紙チャイナ・デイリーで引用された。同記事では中国人民銀行の周小川(ジョウ・シアオチュワン)総裁も同じ懸念を抱いていると報じている。だが、こうした当局の警告が投資熱を冷ます気配はない。

 政府は投資需要を抑えるために今年5回金利を引き上げたが、市場の勢いにブレーキをかけることはできなかった。理由は簡単だ。物価上昇が加速しているため、実質金利はマイナスのままなのである。銀行預金の年利3.87%に対し、今年9月末までの物価上昇率はそれを上回る4.1%と加速する一方。8月に6.5%と急増した物価上昇率は、9月も6%台と見られる。公式な9月の物価上昇率は10月23日に発表される予定だ。

A株投資家はますます怖いもの知らずになる

 皮肉なことに、中国市場から流動性を吸い上げようとする政府の施策が、市場の楽観論に拍車をかけている。8月下旬、国家外国為替管理局は中国の個人投資家による香港市場上場株の購入を試験的に解禁すると発表した。

 これを受け、香港市場には中国国内のみならず海外の投資家までもが殺到した。香港上場の中国本土企業株(H株)の人気が中国人投資家の間で高まると期待してのことだ。というのも、投資制限の影響で通常、香港市場の株価は中国本土の株価よりもかなり割安だからだ。発表以降、香港市場のH株の株価は急上昇。同一企業の本土上場株と香港上場株の株価収益率(PER)の差は縮まりつつある。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長