• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

連立の前に公正なルール作りを

日本型コアビタシオンが生まれるのか

  • 山崎 養世

バックナンバー

2007年11月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 デイトレーダー型というのは大げさにしても、日本の政治は、主要国の中で際立って変動が激しくなりました。2カ月前に辞任記者会見を行った時の安倍晋三前総理は、精根尽き果てた印象でした。

 一方、辞任を意思表明した時の小沢一郎代表は、ポマードで髪をまとめていなければ、怒髪天を衝くようでした。とても辞めていくはずの人の会見ではないな、という印象を持ったのは私だけでしょうか。

英国の政治に似てくるはずだったのだが…

 ところが、その3日後には、小沢氏は一転して「恥を忍んで」低姿勢で辞任を撤回しました。大連立はない、ことになりました。

 小沢氏の矛盾した行動は、1990年以降の政治改革の大いなる矛盾を明らかにしました。小選挙区制を導入し、政権交代可能な2大政党制を確立する。政党は国民に政策を提示し、国民に選ばれた政党が政府を作り、約束した政策を実行する。

 そして国民は、次の選挙の際に、今までの政府の実績を検証し、野党の対案と比較し、新しい政府を選ぶ。こうした政治が実現するはずでした。一見すると、議院内閣制で小選挙区制の英国の政治に似てくるはずでした。

憲法に基づく日本の制度に政治不安を招く原因がある

 でも、日本の政治は、サッチャー氏やブレア氏のように10年もの本格長期政権が誕生した英国とかけ離れ、視界不良の中を進んでいます。

 猫の目のように与党が代わり、政党の中身が変わり、政権の枠組みが変わる、そんな事態が起き得る仕組みが日本の政治にはあります。党首の資質というよりは、憲法に基づく今の日本の制度が、政治の不安定を招く性格を持っているからです。

コメント6件コメント/レビュー

93年の細川政権のときもそうだったが、自民党は下野すると与党を引き摺り下ろすことにのみ執着する。これは1920年代の大正デモクラシーの2大政党時代もそうだった。だから衆議院の一期当りの平均は2-2.5年で政権は常に不安定。イギリスやドイツのように衆院(下院)も原則任期を全うすることにし、任期半ばの解散は7条解散のような無責任な形で行わない。但し野党第一党は正式に「影の内閣」を組織し役所は要求があれば与党同様に必要な資料を提供することにすればもう少しましになりませんか?でなけりゃアメリカみたく下院の任期を2年にするか?(2007/11/15)

「山崎養世の「東奔西走」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

93年の細川政権のときもそうだったが、自民党は下野すると与党を引き摺り下ろすことにのみ執着する。これは1920年代の大正デモクラシーの2大政党時代もそうだった。だから衆議院の一期当りの平均は2-2.5年で政権は常に不安定。イギリスやドイツのように衆院(下院)も原則任期を全うすることにし、任期半ばの解散は7条解散のような無責任な形で行わない。但し野党第一党は正式に「影の内閣」を組織し役所は要求があれば与党同様に必要な資料を提供することにすればもう少しましになりませんか?でなけりゃアメリカみたく下院の任期を2年にするか?(2007/11/15)

 山崎さんが書かれているようなルール作りに意味があるのでしょうか?屋上屋という気もしますし、守る気がないルールをいくら作っても複雑にするだけでしょうがないでしょう。それから「法案が通らなくなる!」という言い方は他にも見ますし、山崎さんはその中でも冷静に書かれているほうだと思いますが、それでも思うのは、法律を通す義務はないでしょうということです。あると不利益になる法律であれば通さないほうが有益でしょう(無駄な手続きをやったことになってしまいますが、往々にしてあることですよね)。野党が殆どの法律を通さなくても、それの殆どが通らないほうがよいものであれば支持は集まるでしょうし、通したほうがよいものを阻止すれば支持が集まらない、それだけの単純なことだと思います、本来は。しかし、情報操作として「野党が阻止してしまったこれだけの法案!」などという感じの見出しをつけて、内容に触れずに数量としていくつの法案がつぶれたかということだけを報じる、見掛けだけ“公正!な報道が日本の主流だから、こんな“ルール作り”なんていう議論になるのでは?それから安定が必ずしもいいことではないでしょう。独裁国家はいい所?(2007/11/15)

コアビタシオンって意味は何ですか?英語だったらスペル位を書いて貰えると調べようがあるんですが...(2007/11/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授