• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米経済が抱える「2兆ドル」の不安

市場を震撼させたゴールドマン・サックスの予測

2007年11月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Steve Rosenbush (BusinessWeek.comシニアライター、ニューヨーク)

米国時間2007年11月19日更新 「The Economy's $2 Trillion Worry

 ほんの数カ月前まで、サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)関連の金融商品の暴落による損失は、500億~1000億ドルと見られていた。巨額ではあるが、なんとか対処可能な規模だ。

 ところが、米ゴールドマン・サックス(GS)の最新リポートでは、損失額は最大4000億ドルにまで膨れ上がっている。しかもそれだけでは済まず、経済全体への打撃は、もっと重大なものとなる可能性があるという。巨額損失を受けて、銀行などの貸し手が投融資を最大2兆ドル縮小する可能性があるというのだ。

 もし、それだけの規模の貸し渋りが起きれば、消費者や企業は力強い経済成長を支えるだけの借り入れができなくなる。「この衝撃は大きい。2兆ドルは米国の非金融部門の債務総額の7%に相当する額で、経済活動を著しく妨げることになるだろう」。リポートをまとめたゴールドマン上席エコノミストのジャン・ハツィウス氏は、こう書いている。

10倍のレバレッジが経済損失にも効いてくる

 信用市場で発生する4000億ドルの損失が、どうやって2兆ドルの経済的打撃になるのだろうか。答えは“レバレッジ(借り入れ)”にある。

 ニューヨーク連邦銀行の試算によれば、銀行やヘッジファンド、プライベートエクイティ(非上場株)投資会社などは、投資に際して、自己資金1ドルに対し10ドル以上を借り入れる。投資がうまくいけば、レバレッジ効果で利回りは大きくなる。投資が失敗すれば、借り入れのせいで損失が膨らみ、貸し手は往々にして、その後の融資に慎重になる。

 ゴールドマンのハツィウス氏はリポートで、ニューヨーク連銀のトビアス・エイドリアン氏と米プリンストン大学のヒョン・ソンシン教授が最近発表した分析「流動性とレバレッジ(原題:Liquidity and Leverage)」を引き合いに出し、4000億ドルの損失の約半分は銀行、ヘッジファンドや証券会社など、高いレバレッジをかける機関投資家が負うことになると試算している。

 通常、こうした貸し手は、融資に対する自己資本比率の規定を維持するために、保有資産の価値が下がった場合には融資を縮小する。損失総額の半分の2000億ドルを損失計上したとすると、貸し手は1ドルの損失に対し10ドルの融資を削減する必要があるという。よって、融資縮小額が2兆ドルに上る計算である。

信用市場で膨らみ続ける損失額

 サブプライム危機で投資銀行は既に大打撃を受けている。米メリルリンチ(MER)は84億ドルの評価損を計上すると発表したが、損失はもっと大きくなるとアナリストは見ている(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2007年11月19日「米メリルCEOにNYSEのセイン氏」)。

 米シティグループ(C)は第3四半期に65億ドルの評価損を計上。第4四半期には最大110億ドルの追加損失が発生すると予想している(BusinessWeek.comの記事を参照:2007年11月13日「Citi: The Writedowns Are on the Wall」)。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士