• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国のアブナイ環境(その2)~30秒に1人“先天性障害児”が誕生

「6本足の豚」「羽がある猫」・・・異変は人にも

2007年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

毎年80万から120万人の先天性障害児

 2007年1月11日に中国が発表した「国家人口発展戦略研究報告」によれば、中国では毎年80万~120万人の先天性障害児が生まれており、これは新生児総数(約2000万人)の4~6%を占めているという。中国では毎年肉眼で確認できる先天性奇形児が20万~30万人生まれているが、これに出生後数カ月あるいは数年で欠陥が認められる先天性障害を含めると、その総数は80万~120万人に上るというのである。しかし、調べてみると、2002年7月20日付の人民ネット日本語版にも「先天性障害児、中国で毎年80万~120万人が出生」と同じ数字が掲載された記事があり、この記述は4年以上前のデータに基づくもので、現在の数字はもっと増大しているものと思われる。

「中国婦幼衛生監測ネット」のモニタリング結果でも、2001~2006年の全国における“出生欠陥”の発生率は、出産1万件当たりで104.9、111.2、129.8、128.4、139、145.5と急激に上昇している。年間に120万人の先天性障害児が出生しているということは、ほぼ30秒ごとに1人の先天性障害児が出生していることを意味するが、その間隔は年をおうごとに短くなっている。

 中国には2006年4月1日時点で身体障害者が8296万(全人口の6.34%)いるが、このうち先天的原因によるものが20%前後(1600万~1700万人)を占めているという。ちなみに、この先天性障害児120万人の内訳は、先天性心臓病20万人、神経管奇形(無脳症、二分脊椎、水頭症など)10万人、口唇裂5万人、ダウン症3万人などとなっている。

「持続可能な社会・経済の発展にも悪影響」

 こうした先天性障害児の30~40%は出生後数カ月以内で死亡し、40%は障害者として一生を送ることになり、20~30%だけが治療を通じて正常に戻る可能性があると専門家は述べている。

 中国衛生部の統計によれば、先天性障害児は全国の10分の1の家庭に影響を及ぼしており、国家は毎年数千億元の財政負担を強いられているという。このため、中国国家人口・計画育成委員会の副主任が「このような状況が続けば、中国の持続可能な社会・経済の発展に悪影響をもたらすので、早急に対策を講じなければならない」と述べたと2007年10月30日付の英字紙“China Daily”は報じている。

 全世界では毎年約500万人の先天性障害児が誕生し、その85%を発展途上国が占めているが、中国の年間80万~120万人という数字は中国が全世界総数の16~24%を占めていることを意味する。中国政府は“中国は先天性障害児の高発生国の1つである”と述べるにとどまっているが、先天性障害児の発生数世界一は間違いなく中国だろう。先天性障害児の急増を懸念した中国政府は、2005年に9月12日を「出生欠陥予防日」とすることを決定し、2006年を初年度としてこれを実施した。

 2年目となった2007年9月12日にも、中国全土で地元の衛生・保健関係当局によって先天性障害児の出生を予防する宣伝活動が展開された。

コメント16件コメント/レビュー

(註) 本コラムの内容は筆者個人の見解に基づいており、住友商事株式会社 及び 株式会社 住友商事総合研究所の見解を示すものではありません。 これは必要ないでしょう。しかし他人に鈍感な国民性が治らない限り表面上では問題は消え、裏では増えていくんでしょうね。(2008/03/02)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「中国のアブナイ環境(その2)~30秒に1人“先天性障害児”が誕生」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(註) 本コラムの内容は筆者個人の見解に基づいており、住友商事株式会社 及び 株式会社 住友商事総合研究所の見解を示すものではありません。 これは必要ないでしょう。しかし他人に鈍感な国民性が治らない限り表面上では問題は消え、裏では増えていくんでしょうね。(2008/03/02)

中国の環境汚染は、中国国内だけの問題ではありません。特に日本にとっては、まさに他人事ではない切実な事問題がです。中国という国は、自らの落ち度による失態でも決して責任を認めず、必ず他者、特に日本に全てを押し付けてきます。彼らには、「従軍慰安婦」や「靖国問題」等の「魔法の呪文」がいくつもあり、これを唱えればどんなに理不尽なことでも日本を黙らせ、金を引き出すことができます。最後に尻拭いをさせられるのは、私たち日本国民なのですから、最近の遺棄ガス兵器のように、安易に詐欺的要求に屈することがないように願いたいです。(2007/12/10)

これだけ先天性障害児がいても上海や北京で障害者を目にすることはほとんどありません。現地の人に聞くと、中国では障害児は全て隔離施設に送られ、人目に触れないようにしているのだとか。中国がまずしなければいけないことはこの隠匿体質を改めることではないでしょうか。(2007/12/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授