• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Wiiは本当に品薄か?

  • BusinessWeek

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年12月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 毎年この時期に欧米の親を不安にさせるのは、“在庫僅少につき現品限り”という言葉だ。一番人気のヒット商品が決まって入手困難なことは、七面鳥やミンスミートパイと同じような季節の風物詩となった。年末の休暇に向けて何週間も前からメディアや企業側が騒ぎ立てているにもかかわらずだ。いや、騒ぎすぎることこそが原因なのかもしれない。

意図的な制限か誤算か

 今年、贈り物を用意しようとする人を苦しめているのは任天堂の次世代ゲーム機「Wii(ウィー)」だ。感謝祭の週末、インターネット通販大手のアマゾン・ドット・コムは、同社の英国サイトでWiiがたった10分ですべて売り切れたと発表した。ニューヨーク・マンハッタンの任天堂ショップの前には毎朝何十人もの人が列を作る。夜のうちに商品が入荷したことに一縷の望みをかけているのだ。インターネット上では、入手困難なWiiが希望小売価格の3倍もの値段で取引されている。

 一体どういうことなのか。これは古くからある「意図的供給制限」と呼ばれるマーケティング手法だと考える向きもある。話題性を作るために企業側がわざと人気商品を品薄にしておく手法で、かつては「くすぐりエルモ」や「キャベツ畑の子どもたち」の人形を手に入れようと押し合い騒ぎや殴り合いの喧嘩が起こったりした。それとも今のWii騒動は、任天堂側の見通しが単に甘かったせいなのだろうか。

任天堂はWiiの生産台数を月間180万台に引き上げたが…

任天堂はWiiの生産台数を月間180万台に引き上げたが… (写真:Hiroko Masuike/Getty Images)

 真実はこの両者の中間に位置するのかもしれない。1年前の発売以来、任天堂はWiiを世界中で約1300万台売り、今年、生産能力を3倍(月間180万台)に引き上げたが、新たに2番目ないし3番目の委託製造業者と契約を結ぶことには消極的だ。「Wiiの委託製造業者を増やさないことはビジネス上の失策だと思うが、任天堂はこの失策にそれほど困らないのかもしれない」と米市場調査会社ABIリサーチのアナリスト、マイク・ウルフ氏は言う。

コメント4件コメント/レビュー

品薄については避けることも難しく、やむをえない状況だと思う。需要に見合う供給やその予測は非常に難しいと思える。古い話では、ファミコンの時もそうだったと言える。特にこの種の玩具は流行に左右される面が強く、作りすぎがメーカーの経営上の致命傷になる可能性があること。クリスマスという最大需要に見合う量を製造するために第二、第三の製造委託工場を増やすことも長期視野に立つと無駄な投資になると思える。任天堂からするとWiiというゲーム機本体は市場で長く支持されなければならない。当然、競合であるPS3、X-boxは存在するが、それらとはコンセプトが全く異なっている。Wiiが手に入らなかったところで、競合他社に流れ、他のゲーム機本体を購入するとも思えない。たまごっちやi-podなどでも品薄感だけがクローズアップされたが、過剰供給に陥ればすぐに流行もしぼむ。ただ任天堂が素晴らしいと思えるのは、過剰な投資は行なわず、需給調整をきちんと行っていることにある。これはファミコンの時代から変わっていない。品薄をマーケティングの手法として活用していることなどはないと思う。そんなことをしてもWiiの出荷台数がさらに増えるとは思えない。ただ、Xmas時期に欲しいと思っている子供たちの手に届かないのは残念ではあるが。(2008/01/05)

オススメ情報

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

品薄については避けることも難しく、やむをえない状況だと思う。需要に見合う供給やその予測は非常に難しいと思える。古い話では、ファミコンの時もそうだったと言える。特にこの種の玩具は流行に左右される面が強く、作りすぎがメーカーの経営上の致命傷になる可能性があること。クリスマスという最大需要に見合う量を製造するために第二、第三の製造委託工場を増やすことも長期視野に立つと無駄な投資になると思える。任天堂からするとWiiというゲーム機本体は市場で長く支持されなければならない。当然、競合であるPS3、X-boxは存在するが、それらとはコンセプトが全く異なっている。Wiiが手に入らなかったところで、競合他社に流れ、他のゲーム機本体を購入するとも思えない。たまごっちやi-podなどでも品薄感だけがクローズアップされたが、過剰供給に陥ればすぐに流行もしぼむ。ただ任天堂が素晴らしいと思えるのは、過剰な投資は行なわず、需給調整をきちんと行っていることにある。これはファミコンの時代から変わっていない。品薄をマーケティングの手法として活用していることなどはないと思う。そんなことをしてもWiiの出荷台数がさらに増えるとは思えない。ただ、Xmas時期に欲しいと思っている子供たちの手に届かないのは残念ではあるが。(2008/01/05)

任天堂もかつてのタマゴッチの教訓から勉強したんだろうと思う。だけど、1~2年前新しいタマゴッチを買おうそしたら、長蛇の人だかりで、直ぐに売切れてしまった。買えないならいらない、となった自分自身のことを振り返ると、バランスが大事だと思う。Wiiもはじめは、ほしいと思ったけど、なかなか手にはいらないから、最近は、「もういいや」という気になっている。子供もだんだん大きくなってきて、そういう要求がなくなってきた。(2007/12/26)

任天堂オブアメリカの社長さんの「(在庫切れが)買い物客を競合他社の商品に向かわせ」というのはどうでしょうか。wiiとPS3、X-BOXは購買層が違うというのは承知しているはずですから、このコメントは全く信用できないですね。家電量販店に勤めていましたが、任天堂のハード・ソフトはこの時期に限らず常に少なめでした。クリスマスを前に任天堂製品を探して回るサンタさんたちに「売り切れてしまいまして・・・」と伝えるのは心苦しいものです。(2007/12/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント