• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマ氏、米実業界の敵か味方か

「企業に、思い通りの支配はさせない」

2008年2月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Eamon Javers (BusinessWeek誌、米連邦議会特派員)

米国時間2008年2月13日更新 「Is Obama Good for Business?

<関連記事:「マケイン氏、米実業界の敵か味方か」>

 米大統領選の民主党候補指名争いは、北東部メーン州で2月10日に党員集会が行われ、バラク・オバマ上院議員(イリノイ州選出、民主党)がヒラリー・クリントン上院議員を抑えて勝利した。その直後、オバマ氏は米CBSテレビの報道番組「60ミニッツ」に出演するまでの間に、自分のパソコンで1通の電子メールを送った。

 その相手は、メディアコンサルタントや支持者データ提供者ではない。投資銀行大手のUBSアメリカ(UBS)のCEO(最高経営責任者)、ロバート・ウルフ氏だ。ウルフ氏によれば、上院で可決した景気刺激法案や、今月9日に東京で開かれた7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議について意見を交換したという。

 リベラルなイメージのあるオバマ氏が、銀行家とメールでやり取りするとは実に意外だ。だが彼は遊説中、集会や飛行機での移動の合間を縫って、著名投資家で大富豪のウォーレン・バフェット氏に経済に関して助言を求めてもいる。バフェット氏がブッシュ米大統領による減税策に反対の立場を表明していることに、オバマ氏は選挙演説で何度も言及している。

 オバマ氏は、元米連邦準備制度理事会(FRB)議長のポール・ボルカー氏とも連絡を取り合っている。ボルカー氏は今年1月、オバマ氏支持を表明している。

 「話してみると、驚くほど爽やかで頭が切れ、思慮深い人物だった」。UBSのウルフ氏は、投資家のジョージ・ソロス氏のオフィスでオバマ氏と会った時の第一印象について、こう述べている。ウルフ氏はオバマ氏に活動資金として、100万ドル以上を献金している。

 とはいえ、米実業界全体を味方につけるのは容易ではない。企業経営者から見れば、オバマ氏は、2番手、3番手の候補に過ぎない。上院議員歴はわずか3年と短く、大企業を優遇するブッシュ減税の規模縮小を主張している。そのうえ米商工会議所からの評価も主要3候補のうちでは最低で、ヒラリー・クリントン上院議員(ニューヨーク州選出、民主党)、ジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出、共和党)に後れを取っている。

 ところが2月12日、メリーランド州、バージニア州、コロンビア特別区の「ポトマック予備選」で圧勝したことで、オバマ氏は民主党の最有力候補に躍り出た。

オバマ氏の経済政策は現実路線

 では、オバマ氏が大統領になった場合、実業界に対してどんな姿勢を打ち出していくのか。「現実路線の中道左派政権になるだろう」と予想するのは、民主党の政治戦略顧問で今回の候補者選びでは中立的立場にあるスティーブ・マクマホン氏だ。「オバマ氏は“企業は政治にある程度の影響力を持ってもよいが、思い通りの支配はさせない”という姿勢を鮮明に打ち出している」と言う。

 上院での実績は少ないが、大統領になったら、どのような政策を取るかは予測できる。オバマ氏は、労働組合から代替燃料、所得税額控除まで、民主党が従来から推し進めてきた法案をいくつも提案してきた。企業の役員の報酬決定に関して、株主に拘束力のない議決権を与えるという法案も提案し、企業経営者の不評を買った。

 また、ペルー国内の環境と労働者の保護条項を盛り込んだ対ペルー自由貿易協定(FTA)には賛成票を投じた。この協定は、米国内の左派に支持されても、コストの安い現地生産を目論む米国の企業経営者には受け入れ難いものだ。完全な自由貿易路線から離れつつある民主党の傾向を反映して、オバマ氏は北米自由貿易協定(NAFTA)を見直し、クリントン時代に成立した協定に、同じような保護条項を加える考えも示している。

 2月13日には、ウィスコンシン州ジェーンズビルの米ゼネラル・モーターズ(GM)組立工場を視察した後に演説し、経済の“バランス”を回復して、数百万人分の雇用を創出する計画の詳細を明らかにする予定だ。ウィスコンシン州の予備選は2月19日に行われる。

政策立案スタッフにコンサルティングファーム出身者も

 その一方で、オバマ氏の行動にはリベラル派の議員らしからぬ一面もある。彼は政策立案スタッフに、米マッキンゼー・アンド・カンパニー、旧アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)など、無党派のコンサルティングファームの出身者を揃えているのだ。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長