• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アップル、株価急落が止まらず

一般消費者を顧客に持つゆえの苦境に直面

2008年2月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Arik Hesseldahl (BusinessWeek.com記者)

米国時間2008年2月13日更新 「Apple Shares Rolling Downhill

 1月23日、米アップル(AAPL)の株価が急落。前日発表された1~3月期の業績予想が低調で失望売りが殺到し、1日の下げ幅としては過去最大を記録した。この状況で、同社CEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏は、こんなメールを送って社員を元気づけた。「気を落とすな。わが社の株価は、我々の手では制御できない大きな要因に翻弄されているのだ」。

 ジョブズ氏の言う通り、同社の株価は荒波の真っただ中にある。

 昨年全体を通して、アップル株はきわめて堅調だった。「iPod(アイポッド)」「iPhone(アイフォン)」「Mac(マック)」の人気は衰えを知らず、株価は上昇。年初の1月3日に83.80ドルだった株価は、12月28日に史上最高値の199.83ドルを付けた。アナリストも目標株価を大きく上方修正。米投資銀行パイパー・ジャフレー(PJC)のジーン・マンスター氏は、2008年中に250ドルに達する可能性もあるとした。2007年末、アップル株の時価総額は1000億ドルにまで膨らんだ。

新製品への失望は大きく、景気不安も直撃

 だが2008年に入ると同社株は急落。最高値と比べて75ドルも値を下げ、2007年の上昇分の3分の2が吹き飛んだ(本記事執筆前日の2月12日の終値は124.86ドル)。

 急落の一因に挙げられるのが、1月に開催されたマックワールドカンファレンス&エキスポで発表された新製品への失望だ。今年のマックワールドでジョブズ氏は、超薄型ノートパソコン「MacBook Air(マックブック・エア)」発売、「iTunes(アイチューンズ)」での映画レンタルサービス、いくつかの製品のソフトウエアの機能強化を発表(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年1月15日「Jobs Appeals to the Crowd」)。だが、期待外れとの印象から、その後の2日間で、同社株は19ドル余りも値下がりした。iPhoneが発表された昨年のマックワールドでは、その後の2日間で11ドルも上昇したのとは対照的だ。

 株価下落の要因としては、消費者心理の冷え込みと、それに伴う消費支出の落ち込みも挙げられる。こうした要因がアップルの株価をどこまで下げるのか、懸念が広がっている。アップルが被る痛手は、ほかのハイテク大手より大きいと予測する投資家も少なくない。さらに、同社が1月22日に発表した1~3月期の業績見通しがアナリストの予想を下回ったことで、懸念に拍車がかかった。それ以降に発表された景気動向や指標を見ても、懸念は膨らむ一方だ。

 景気の先行き不安と、日用品やガソリンの価格高騰が原因で、生活必需品以外に対する消費者の財布の紐は堅くなっている。米ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ(DFS)が1月に実施した調査によると、消費者の70%は景気が後退していると考えており、2月は不要不急の買い物を控えると答えた人は約半数に上る。

 同社のマーゴ・ジョージアディス氏は、「消費者の切り詰めの第1の標的は娯楽分野への支出、第2の標的は家の生活向上品だ」と話す。iPodやiPhoneは第1の標的、パソコンは第2の標的に該当するという。ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RY)の2月8日の発表によると、米国の消費マインドを示す同銀行の指数は、調査開始からの6年間で最低の水準に落ち込んでいる。

ほかのハイテク株以上に厳しい逆風

 携帯音楽プレーヤーなどのアップル製品を買いたいが、お金に余裕がなくて手が出ないという消費者もいるようだ。米連邦準備理事会(FRB)の2月7日の発表によると、昨年12月の米消費者信用残高は前月比45億ドル増。ウォール街のアナリストの予想値の80億ドルを下回った。第3四半期は月平均143億ドルずつ増えてきたが、伸びが鈍っている。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長