• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日銀よ、金融緩和せよ

総裁ポストを政争の具にするという大愚

  • 山崎 養世

バックナンバー

2008年3月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 主要国やEU(欧州連合)の中央銀行総裁は、世界経済に最も大きな影響を与える人たちです。

 21世紀になって中央銀行の重要性はさらに増しています。株式や債券などの証券はもちろん、不動産や石油やトウモロコシといった実物資産までが市場商品となり、世界中で売り買いがされるようになっているからです。

 さらに、そうした市場経済への参加者自体が増えています。中国、インド、ロシア、ブラジルなどの大国が世界の資本主義経済のメンバーになり、中東やベネズエラ、ナイジェリア、カザフスタンなどの国も資源のパワーをさらに発揮するようになりました。

日銀総裁の任務を厄介にする2つの要因

 市場経済は借金で動きます。金融機関はもちろん、ファンドや企業も自己資本以上に借り入れることによってポジションを膨らませます。当然、金利が安く為替が下落しそうな通貨での借り入れに人気があります。

 一番の人気通貨は、金利が低い円でした。このことが、日銀総裁の任務をとても厄介なものにしています。世界の市場投資への貸し手の立場に立っているからです。

 金利水準が一定であっても、円高が急激に進むと円で借りて世界の市場に投資している人たちの投資採算が急激に悪化し、それがポジションの投げを誘発してマーケットのメルトダウンを誘発しかねないからです。

 日銀総裁のもう1つの難しさは、為替への対応です。日本経済は為替経済と言っていいでしょう。これは、米国経済が消費経済だと言うのと同じ意味合いです。つまり、経済の動向に大きな影響を与えるのは、日本では為替水準であり米国では国内消費だということです。

円高、そして市場の下落を招いた日米金融政策の変化

 昨年の夏ごろに1ドルは120円を超えていました。それが昨週末には100円割れ寸前まで円高が進みました。いつ100円を切る円高になってもおかしくありません。輸出企業にしてみれば、売り上げをドルで受け取っても半年前より2割近くも収入が減ることを意味します。

 もちろん、これまでに多くの日本企業は様々な為替対策を進めていますから、ここまで極端な影響は出ませんが、それでも円高で日本の企業収益全体には悪影響が出ます。

 それを素直に表しているのが株式市場です。昨年8月からの円高とほぼ同じペースで株安が進行しています。1月22日を上回る二番底が、いつ来てもおかしくないところまで来ました。

コメント16件コメント/レビュー

[日本の現実を見てみろ。パフォーマンスとワイドショーで物事が決まる。誰を日銀総裁にするか公開の場で議論したら、イケメンじゃないと日銀総裁にはなれなくなるぞ]ややもすれば暴言、ととられそうですが、実に的確でいい言葉です。主題からそれますが、日本はマスメディアやワイドショーに動かされすぎで人々はそれを信じすぎ。だからわめけば、騒げばいいんだ的な動きが多い。民主党はいい例。反対すれば、なんでもいい、ではないと思います。たまには賛成があったり、反対の的確な理由を提示して国民を納得させないと支持は得られないです。自民党が嫌いだから民主党、なんて人もいますが、それでは同じこと。ですが、ろくな政党がないのも事実。なんとか、日本も頑張らないと、本当に世界の中での落ちこぼれになりますよ!(2008/03/12)

「山崎養世の「東奔西走」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

[日本の現実を見てみろ。パフォーマンスとワイドショーで物事が決まる。誰を日銀総裁にするか公開の場で議論したら、イケメンじゃないと日銀総裁にはなれなくなるぞ]ややもすれば暴言、ととられそうですが、実に的確でいい言葉です。主題からそれますが、日本はマスメディアやワイドショーに動かされすぎで人々はそれを信じすぎ。だからわめけば、騒げばいいんだ的な動きが多い。民主党はいい例。反対すれば、なんでもいい、ではないと思います。たまには賛成があったり、反対の的確な理由を提示して国民を納得させないと支持は得られないです。自民党が嫌いだから民主党、なんて人もいますが、それでは同じこと。ですが、ろくな政党がないのも事実。なんとか、日本も頑張らないと、本当に世界の中での落ちこぼれになりますよ!(2008/03/12)

日銀は現在の政策金利を緩和するほどの余地はそもそも持ちあわせていないのでは?一昨年から昨年半ばにかけて政策金利の引き上げを行いたかった政策委員会をそうさせないように動いていた一人が武藤氏ではなかったのか?彼は大蔵省在籍中に過剰接待を受けて自身のキャリア変更をよぎなくされた人物ではなかったのしょうか? 伊藤氏に至っては自分の理論を実験・実践したいだけでその結果を被る国民生活のことなどには何等興味も責任も持ち併せていない徒ではないのでしょうか?日本悪玉論を仕掛けてくる欧米論調に対峙しドルベースでは棄損が少なく流動性・換金性が高くデリバリーに何の問題もない市場を外人はただ利用しているだけとプレゼンスする人に金融の舵取りをとっていただきたいと願うのみです。   (2008/03/12)

日本の不幸は製造等の加工貿易で外貨を稼いでいるのに、円高になればその売りが高い人件費の形で対外競争力が削がれるが輸入等の支払いには有利というジレンマがあることだろう。これは主な産業構造を金融等に変更するまでは解消しないかもしれない。いや、実際には国内で食料の廃棄率など含め、無駄に飾り立てたり過剰品質(工業製品でもないのに同一の規格や見た目)を要求する事による無駄を省けばマシになるのではないか?厳しいと言いつつブランド税やパチンコ税の形で沢山納税していたりしないか考え直す必要は無いだろうか?便利という事で小口配達の宅配に頼り過ぎたり、過剰包装他の無駄は無いのか考え直す時期なのかも。(2008/03/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長