• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

FRB、20兆円の資金供給の意味

21世紀型の金融不安を革新的な金融政策で対応する

2008年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

世界に広がるこの不確実性に対し、どのような対策が有効なのか。はっきり言ってわからない。今現在は有効と思える金融政策も後から振り返れば…とりあえず市場の不安を払拭することが優先なのでしょうか。(2008/03/16)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

世界に広がるこの不確実性に対し、どのような対策が有効なのか。はっきり言ってわからない。今現在は有効と思える金融政策も後から振り返れば…とりあえず市場の不安を払拭することが優先なのでしょうか。(2008/03/16)

公的資金による救済が国民の理解を得られないので、裏口的に公的資金を注入しているようにも見える・・。政府に代わって中央銀行が。(日本の場合も公的資金は返済された)けれど、これは、サブプライムという危険度の高い債権を震源とする信用不安問題の拡散に繋がらないか?そもそも混ぜて混ぜて何処にあるのか分からなくなってしまったためのパニック、でも、さすがに米国債には混じっていなかったのだが、これで実質的に混じってしまうのではないか?FRBは原因の分離や隔離ではなく希釈をもって対応する選択をしたということだろうか?(2008/03/15)

細かな内容は不勉強な私にはまだ理解できないが、アメリカには矢継ぎ早にいろいろ手を打ってくれる中央銀行があるのはいいことだと思う。翻って日本の中央銀行総裁一人決められない体たらくを見てると日本が世界から相手にされなくなりつつある理由もよくわかります。もっとも世界的に景気後退する時期に利上げを画策してるような総裁など不要ともいえますが。(2008/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授