• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界経済悲観論に踊るなかれ

“バーナンキ暴落”は終わり、株は上昇を開始する

  • 山崎 養世

バックナンバー

2008年3月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「私は世界一幸せ」「オレほど不幸なやつはいない」「世界の中心で愛を叫ぶ」――。
 こんなふうに、自分を中心に世界が回っていると思うのは、人間の特権です。だから美しい誤解や恋が生まれるのであり、おかげで人類は増え続けたのかもしれません。

 自分中心の強い思い込みだけで世の中を語るというのは、人間の特性なのでしょう。今年に入ってからの世界経済悲観論を聞いていると、そう思えてなりません。

ノーベル賞受賞者も悲観論にお墨付き

 経済の実態を冷静に観察すれば、悲観論が過大であり、世界恐慌もスタグフレーションも起きていないことは明白です。

 ところが、日本のメディアはしきりに不安を煽り立てます。そればかりではありません。外国の偉い経済学者の先生たちの多くも大悲観派です。

 ノーベル経済学者のスティグリッツ教授によれば、米国経済は戦前の大恐慌以来のひどい状態になるそうです。ハーバード大学のフェルドシュタイン教授によれば、戦後最悪の不況に突入するそうです。

 そんな中で今年1月末、当コラムで「バーナンキ暴落は終わりに向かう」などと書いた筆者は全くの少数派です。それでもあえて言わざるを得ません。米国株式のバーナンキ暴落は収束に向かい、世界経済は緩やかな成長軌道に戻るでしょう。そして、世界の株式市場は上昇に転ずるでしょう。

 もちろん、米国の不動産の低迷は今後2~3年は続くでしょう。経済もゼロ成長になるかもしれません。欧州でも、不動産と金融機関の経営は悪化するでしょう。

 しかし、そうした悪化を既に織り込んでここまで下げた株式市場は、今年にも上昇を開始する可能性が大いにあります。過度な悲観に踊らされたら、方向を誤るでしょう。

石油ショック時に比べれば好況とさえ言える

 確かに、毎日のニュースだけ見れば、悲観材料には事欠きません。証券化業務で最大手のベアー・スターンズ証券の経営危機、サブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題からほかの分野に損失が拡大を続ける米国の金融機関、とどまるところを知らない石油価格の上昇、米国株以上に下落を続ける日本やアジアの株式、12年ぶりに1ドル100円を割るドル安と円高不況の足音。

 しかし、銀行と企業の連鎖倒産が全国に広がり米国中に失業者があふれ、世界に飛び火して第2次大戦にまで至った大恐慌のような事態は起きていません。石油ショックの時のような日本のインフレ率が20%を超えるようなことにもなっていません。世界経済への損害ははるかに軽微です。

コメント9

「山崎養世の「東奔西走」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長