• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新銀行東京に見る“お上”の甘さ

銀行だけに依存しない複線型の金融システムを

  • 山崎 養世

バックナンバー

2008年4月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新銀行東京のずさんな実態が明らかになってきました。それにもかかわらず、東京都は新たに400億円の追加出資を決めました。

 都民や国民の負担をこれ以上拡大することなく、即刻、業務を停止し、清算すべきです。

戦後これほどまで失敗した銀行はない

 それにしても、新銀行東京の経営実態はお粗末そのものです。2003年に石原慎太郎都知事が「東京発金融改革」を高らかに宣言し、2005年4月に開業しました。

 会社設立(2004年4月)からわずか4年間の累積損失は、公表されているだけで、なんと1260億円にも上ります。収益を稼ぐはずの貸出金は、昨年9月中間期の決算短信によればわずか2218億円しかありません。つまり、貸し出しの半分に相当する金額が累積損失になっています。異常としか言いようがありません。

 一方で、市場平均の3倍もの高金利で集めた預金が4284億円、負債全体では6104億円に上ります。そして、純資産は219億円しかありません。負債のわずか3.6%です。純資産が底を突きそうだから、追加出資が必要というわけです。

 戦後、新しい銀行が、これほどまでに失敗した例はありません。

無担保・無保証ビジネスはコストがかかる

 新銀行東京のビジネスモデルそのものが成り立たないと思われます。貸し付けて収入を稼ぐ中心は、中小企業への無担保・無保証の融資です。最もリスクの高いタイプの融資です。

 ところが、その多くは実質審査なしで書面だけで貸し付けが行われたことが明らかになってきました。また、規模に対してシステム投資や営業経費も過大なために構造的に損失が出ています。

 無担保・無保証の事業者への貸し付けというビジネスは、これまで、ノンバンクや消費者金融が担ってきました。民間の業界は、信用審査や回収に様々な努力を払ってきました。もちろん、その中には違法性の高いものや社会的に問題のあるものもあり、批判を受けてきました。

 しかし、厳然たる事実は、無担保・無保証というハイリスクのビジネスは審査と回収が最も難しく、コストのかかる融資であるということです。

 小さな企業の経営者が利用者の中に多いとされる消費者ローンの業界は、最高裁の判決以来、上限金利の引き下げと過去の過払い分の返還によって、大きな損失を計上し、撤退する企業が続出しました。

 借り入れが困難な借り手の中には、ヤミ金融に走る人も多いと推察されます。貸し手にも借り手にも厳しいビジネスです。

 しかし、新銀行東京のように、ほとんどまともに審査も回収努力もせずにお金を貸せば、その多くが返ってこないのです。

コメント27件コメント/レビュー

石原知事が新年度の訓示で「民間に任せたからこうなった」と発言したようですが、何で都民はこれを許しているのですか?400億のみならずこれまでに投資された全額がドブに捨てられたも同然なのは誰が見ても明らかでは?(2008/04/02)

「山崎養世の「東奔西走」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

石原知事が新年度の訓示で「民間に任せたからこうなった」と発言したようですが、何で都民はこれを許しているのですか?400億のみならずこれまでに投資された全額がドブに捨てられたも同然なのは誰が見ても明らかでは?(2008/04/02)

都民ではありませんが、この事件で一番不思議に思うのは、大多数が追加融資に反対、石原氏に対して怒っているというのに、何故東京都民はリコールしないのでしょうか? それだけ怒っている人が多いなら確実にリコールできるはずだし、一番はっきりした形で都民のNOという意思を示せるのに。追加出資の阻止にしても、差し止めの住民訴訟という手段もあるはずです。こうした動きがないということは、実は怒っているのは東京都外の人だけで、都民は石原氏を支持しているということでしょうか?それとも都民も知事同様、口だけ?(2008/04/01)

この事件で私がいちばん許せないと思うのは、設立当時の代表者が「当時の融資方針に沿った貸付をしただけで責任はない」と開き直りともとれる発言をしていることです。審査も回収努力もせず、金を貸すだけなら誰でもできます。しかしそれは経営ではありません。そのような無能な経営者に公共性の高い銀行の経営を任せていた東京都、また監督官庁でありながらまとも検査もしなかった金融庁の責任も重大だと思います。(2008/04/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授