• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インド・タタが英ジャガー再生に挑む

高級車ブランドを小型車得意のタタがどう売る?

2008年4月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Ian Rowley (BusinessWeek誌、東京支局特派員)
Nandini Lakshman (BusinessWeek誌、ムンバイ支局記者)
米国時間2008年3月26日更新 「Can Tata Rev Up Jaguar?

 9カ月に及んだ交渉が実を結んだ。昨年末の“幻の合意”を経て(BusinessWeek.comの記事を参照:2007年12月20日「Report: Tata Wins Jaguar, Land Rover」)、ついにインドのタタ・モーターズ(TTM)が米自動車大手フォード・モーター(F)傘下の英高級車ブランド「ジャガー」と「ランドローバー」を23億ドルで買収することが決定した。

 3月26日のタタの公式発表によると、フォードはこれら2ブランドの事業部門の年金基金に約6億ドル拠出することにも合意したという(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2008年4月2日「ジャガーとランドローバー、タタに売却」)。

 果たしてタタの経営陣はジャガーとランドローバーを立て直すことができるだろうか。両ブランドは長年フォードの業績の足かせとなっていた。

 ジャガーとランドローバーは、タタが事業展開しているほかの車種とは全く異なる自動車ブランドである。タタが開発に力を注いだ2500ドル車「Nano(ナノ)」(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2008年1月18日「タタ、世界最安車を初公開」)が対極的な車種の典型例だ。「ジャガーとランドローバーにはタタ・グループの傘下らしい雰囲気は全くない」と、ロンドン在住のフリーの自動車コンサルタント、アシュビン・チョタイ氏は言う。

やるべき課題が数多くあるタタ

 タタ・モーターズの経営陣は、フォードのお荷物であった2ブランドでその手腕が試されることになる。しかもタタが多くの新車種を展開しようとする中で、この新たな課題に挑むことになる。タタは低価格車ナノに加え、新しいSUV(多目的スポーツ車)「Sumo Grande(スモー・グランデ)」の発売を開始したばかり。小型ハッチバック車「Indica(インディカ)」やサブコンパクト車「Indigo(インディゴ)」の新型も投入予定だ。

 同時にジャガーとランドローバーは、資金や経営陣の労力資源の配分をめぐってグループ内のほかの自動車部門としのぎを削ることになる。商用車部門や、昨年発表した伊フィアット(FIA)との合弁事業(インドとタイでの製造合弁)などに経営陣は労力を割いている。新たに英高級車ブランドが加わったことで、タタの経営陣はさらに多忙を極めることだろう。

 加えてジャガーをインドでどう売るか、インド資本傘下の高級ブランド車を世界的にどう展開するかといった課題がある。当面インドでの高級車に対する需要は限定的だろう。急伸しているとはいえ、高級車のシェアは全体のわずか1%に過ぎない

 「BMW」や「メルセデスベンツ」といった高級ドイツ車はインド国内で年間合計3500台程度しか売れていない。「ジャガーも当然、数百台程度は売れる可能性がある」と、自動車コンサルタント会社セグメント・ワイ(本社:インド南部ゴア州)のポール・ブロックランド最高経営責任者(CEO)は言う。

 インド企業の傘下に入ったことがジャガーの販売に影響するかは容易に判断できない。これまでインドの車が国際的な成功を収めた例はないためだ。タタ車を例に取っても、2003年に小型車「インディカ」が「City Rover(シティ・ローバー)」の名で欧州に投入されたが、販売成績は振るわなかった。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授