• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ジャガーとランドローバー、タタに売却

米フォードの売却額は23億ドル、インドと高級車が結合へ

2008年4月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

David Kiley (BusinessWeek誌、デトロイト支局上級記者)
米国時間2008年3月26日更新 「Jaguar: Finally Ready to Roar?

 米自動車大手フォード・モーター(F)は3月26日、傘下の英高級車ブランド「ジャガー」と「ランドローバー」をインド自動車最大手タタ・モーターズ(TTM)に売却することに合意した。売却額は約23億ドル。ジャガーを1989年、ランドローバーを2000年にそれぞれ買収した時の半分にも満たない額だ。両ブランドの凋落を如実に表すもので、今後はタタが立て直しを図る。

 フォードは今回の売却で、最後まで軌道に乗せることのできなかった事業から撤退する。ある試算によれば、長年の間にフォードが被った損失は100億ドルを超える。

 一方、英国人から見れば、この売却は長い歴史を持つ両ブランドにとって異例の出来事でもある。英国の誇る2大高級車ブランドが、インドの企業の傘下に入る――。半世紀前のウィンストン・チャーチル元英首相や現英国女王エリザベス2世なら、想像すらしなかった事態だ。

 フォードがジャガーとランドローバーを買収したのは、名門「リンカーン」を超える高級モデルの構築を目指した戦略の一環だった。特にリンカーンの存在感が薄い海外市場を視野に入れていた。

 だが、フォードは英国で両ブランドの車を組み立てる高コストに見合う成果を上げられず、労働組合からは英国国外に生産拠点を移さないようにとの強い圧力を受け続けた。2006年9月にCEO(最高経営責任者)に就任したアラン・ムラーリー氏は記録的な損失を見て、高級車部門であるプレミア・オートモーティブ・グループの解体を最優先課題とした。昨年には、「もはやこのようにカネのかかる道楽をしている余裕はない」と発言している。

買収合戦に勝利するまで

 フォード幹部によると、売却額から両部門の年金基金に約6億ドルを支払うと、17億ドル前後が残る計算になる。大した額ではないが、米国の景気減速が進む中ではたとえ少額であっても重要だ。第4四半期決算は28億ドルの損失となったが、それでも前年同期の56億ドルよりは縮小した。

 2007年通期では27億ドルの損失で、前年度の126億ドルから改善している。2009年までの黒字化を目指すものの、厳しい経済情勢から達成は困難だ(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年3月18日「Bleak Forecasts for Ford and GM」)。

 事実、自動車情報サイトのエドマンズ・ドット・コムの主任業界アナリスト、ジェシー・トプラク氏の最新の試算では、3月の自動車販売台数は前年比で12%減となっている。米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツによれば、3月前半の販売台数は前年同期比で22%近く減少している(代理店情報に基づく)。

 ジャガーとランドローバーの売却先候補には、タタのほか、インドの競合自動車メーカーであるマヒンドラ・アンド・マヒンドラ、元フォードCEOのジャック・ナッサー氏をパートナーとする米プライベートエクイティ(非公開株)投資会社、英投資会社などが挙がった。一時は仏ルノー・日産自動車連合(RENA.PA)の名前も挙がっていたが、公式入札には参加しなかった。

タタは幅広く事業を手がける巨大企業グループ

 英高級車ブランドの所有者として、タタは興味深い企業だ。インド最大のコングロマリット(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年2月14日「Tata: Master of the Gentle Approach」)であるタタ・グループは、化学、通信・IT(情報技術)、消費財、エネルギー、工学技術、原料、サービスの7業種にわたって90社以上を傘下に置く巨大企業グループである。

 主力事業の1つは製鉄だ。自動車部門では貨物トラック、フルサイズSUV(多目的スポーツ車)、そして世界最安の3000ドル車「ナノ」(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2008年1月18日「タタ、世界最安車を初公開」)を製造している。

 タタは、富裕層と低所得者層の両方を対象とした消費者マーケティングに精通している。タタ・ティーは世界最大級の紅茶メーカーであり、(ジャガー、ランドローバーと同様に元英国の)老舗ブランド「テトリー」を傘下に収めている。

 ホテル部門では、タージ・ホテルズ・リゾーツ・アンド・パレスは世界屈指の高級ホテルとされ、ムンバイにあるタージ・マハール・パレス・アンド・タワーの高級スイートは1泊2795ドルだ。一方、インド各地に格安ホテルも建設中で、こちらは1泊37.95ドルという低料金だ。さらに高級宝飾店チェーンのタニシュクや、富裕層向けチャーター機事業を運営するほか、衛星放送会社タタ・スカイを通じて国内100万世帯にビジネスニュースやヒット映画を放送してもいる。

コメント1

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長