• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「暴利業界ランキング」に見る中国社会の変化

業界に暴利を許すのは庶民の見栄も一因か

2008年4月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「暴利業界ランキング」とは耳慣れない言葉だが、中国では2002年から毎年「暴利業界ランキングトップ10」が発表されている。暴利業界であると名指しされて不名誉なトップ10入りしたからといって、何かが起こる訳ではない。しかし、ランキングの発表は毎年の恒例行事となっており、ランキングは新聞、雑誌、インターネットに転載されて大きな話題として取り上げられる。ランキングの順位を見た庶民はそれで憂さが晴れるということではないのだが、自分の体験を基に“やっぱり”と納得するという仕組みである。

 2002年に最初のランキングが掲載されたのは広州市政治協商会議が創刊した雑誌「共鳴」であり、著名な経済評論家の魏雅華が独自の分析によって暴利をむさぼっている業界を順位付けしたものであった。当時この記事は画期的なものとして評判を呼び、トップ10入りした業界が暴利をむさぼっているか否かで大いに議論が盛り上がったという。その後も魏雅華は「共鳴」誌上で毎年ランキングを発表していたが、中国語インターネットで検索した限りでは2006年までで、2007年のランキングが魏雅華によるものかどうかは定かではない。

 2008年3月14日、上海の新聞「東方早報」は「2008年暴利業界ランキングトップ10」を発表した。これは従来の魏雅華による「共鳴」版ランキングとは異なり、中国の大手ポータルサイト「捜狐(SOHU)」の“コミュニティ”の協力を得て、インターネットユーザー4000人に予め選定した26の業界から“暴利をむさぼっている”と思われる業界を選んでもらった結果を集計して発表したものであった。従い、選定基準は従来のものと異なるが、発表されたランキングの結果は従来の内容とさほどの差異はなかった。

 「東方早報」が発表した「2008年暴利業界ランキングトップ10」は、1位:不動産、2位:メガネ、3位:葬儀、4位:通信、5位:薬品、6位:高速道路、7位:化粧品、8位:教育、9位:結婚写真、10位:ネットゲームの各業界となっている。これを過去のランキングと比べるとどうなのか。下表は筆者がまとめた2005~2008年のトップ10の推移である。

中国の暴利業界ランキングトップ10・年度別一覧

 トップ10の常連としてランキングに名を連ねるのは、不動産、葬儀、医療・薬品、教育、高速道路、美容(美容整形、化粧品)、ネットゲームといった業界であり、これらから見えてくるのは、都市部に住む平均的なホワイトカラーの生活振りであり、彼らが直面している諸問題である。中国の経済的躍進にともなって所得が増大し、多少なりとも生活にゆとりが生まれたことで、今まで我慢していた欲求を満たそうとする。そこに待ち構えているのが暴利業界である。例えて言うと、美容には今まで注意を払わなかったが、美しくなろうとすると美容整形やら高級化粧品やらで消費は膨らむばかり、大儲けでウハウハなのは美容業界という図式である。

 さて、「東方早報」が発表した「2008年暴利業界ランキングトップ10」の記事に沿ってトップ10業界の実態を概観してみることにしよう。

コメント4件コメント/レビュー

正直な感想として、あまり日本と大差がない気がします。(2008/04/05)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「「暴利業界ランキング」に見る中国社会の変化」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

正直な感想として、あまり日本と大差がない気がします。(2008/04/05)

不動産、葬儀、教育、高速道路…なんだ日本と同じじゃないですか!(2008/04/05)

ランキングの解説、なにやら日本のそれを見ているように思えた。特に建設業は、売り上げに占める公共事業の割合を入れればさらに「暴利」ぶりがハッキリするのではないだろうか。日本では、建設業界だけではなく防衛関連等の役所がらみの業界は「暴利業界」の高位にランクされるところが沢山あるのでは。是非日本でも毎年公表して貰いたいものだ。(2008/04/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長