• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

Bloomberg Businessweek ネット時代のスパイ活動、発信源は中国にあり

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

記事中の某氏による「多いのですか?」との返答に不謹慎ながらふきだしてしまった。おそらく、ジェームス・ボンドやジョン・マクレーンもお手上げに違いない。(2008/04/24)

サイバー戦争がお互い様とは言えないでしょう。アメリカの持つ技術や情報は中国よりも高度なものが大半で、民間企業も含めてIT化が進んでいるため、受ける被害が後進国である中国とは比較にならないほど深刻だからです。無論これはアメリカに限らずIT化や電子化が進んだ先進国に共通した問題で、サイバー防衛に関心の薄い日本は格好の標的でしょう。(2008/04/21)

コメント読み進めると、日本語ネイティブだとまず使わない言い回しの語尾を見受けられます。 このサイトも、多数の海外からの接続があるのでしょうね。 因みに、某掲示板だと 4~6%が中国、韓国。 Wikiの場合、日本語と英語の記事の改竄が、韓国ドメインから大量に発生しています。 その意味で、既に日本語という言葉の壁はインターネットでは無意味になっています。この記事にある様なことは、日本の企業でも発生していると考えて、対策をすべきでしょう。(2008/04/21)

対岸の火事ではないように思います。最近日本の企業に対する中国からの攻撃が増えており、クレジットカード情報が流出する被害も出ています。この件に対して社会・政府がどの程度真剣に取り組もうとしているのか全く見えません。何か起こっても事件を調査するのは当該企業であって、警察等の機関が何かしてくれるわけでもありません。(2008/04/21)

お互い様なんです、この種のスパイ活動はアメリカが一番強いに間違いない。(2008/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長