• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トヨタ・レクサス、苦戦する欧州市場の新戦略

一般トヨタ車と区別し、ハイブリッド車で攻勢をかける

2008年4月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Jack Ewing (BusinessWeek誌、欧州担当エディター)
米国時間2008年4月9日更新 「Hybrids Drive European Growth for Lexus

 トヨタ自動車(TM)で欧州レクサス担当副社長を務めるカール・シュリヒト氏の仕事は、いわばビールの本場バイエルンで日本のビールを売り込むようなものだ。

 欧州では現地ブランドの高級セダンへの嗜好が強い。フランスやドイツの幹線道路を走る車は、独メルセデス(DAI)や独BMW(BMWG.DE)、独アウディ(VOWG.DE)などの方がレクサスよりはるかに多い。さらに伊アルファロメオ(FIA.MI)や、仏プジョー・シトロエン(PEUP.PA)、スウェーデンのボルボ(F)やサーブ(GM)もよく目にする。レクサスの東西欧州での2007年販売台数はわずか約3万9000台。対するメルセデスベンツは73万台、BMWは70万台だ。

 北米では高級車部門ナンバーワンを行くレクサスだが、対照的に欧州では苦戦が続く。それでもドイツ系カナダ人のシュリヒト副社長は意外に楽観的だ。レクサスの販売台数は数年前と比べて大幅に増えた。2006年には専門販売網を整備、サービスも改善して販売体制の再構築を図り、欧州での受注は76%増となった。

ロシアの富裕層に人気

 トヨタによれば一部モデルで納車に問題が生じたのが原因で2007年の業績は横ばいだったが、これを補ったのが同副社長の管轄に含まれるロシアの富裕層だ。ロシアでの昨年の販売台数は前年比30%増の1万3000台と、活況を呈するロシア市場でドイツ車に迫る勢いを見せている。

 とはいえレクサスの欧州での年間販売台数は、米国市場での1カ月分でしかない(皮肉なことにレクサスは本国日本でも売れ行きがぱっとせず、欧州と同程度にとどまっている(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年3月20日「Lexus: Too Japanese for the Japanese」)。メルセデス、BMW、アウディの牙城ドイツでは、2007年の販売台数はわずか4500台と低迷している。

 2010年までに欧州で年間6万5000台という販売目標を、トヨタはどのように達成するつもりなのか。戦略は“ハイブリッド”の1語に要約できる。欧州の自動車メーカーは、低燃費で二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない次世代ディーゼル車に力を入れているため、ハイブリッド車の開発が遅れている。欧州ではディーゼル燃料(軽油)がガソリンより低価格なうえ、どのガソリンスタンドでも手に入るため、米国に比べてディーゼル車の魅力度が高いのだ。

メルセデスやBMWの真似はしない

 メルセデスは2009年までハイブリッド車の発売は予定しておらず、レクサスはライバルに先行することができる。レクサスの3つのハイブリッド車種――セダンの「GS450h」と「LS600h」、SUV(多目的スポーツ車)の「RX400h」(日本名ハリアーハイブリッド)――は、2006年に26%だった欧州での総販売台数に占める比率を、2007年には31%まで高めた。レクサスのSUV車種に占める割合では85%となる。

 「ハイブリッドは我々にとって市場開拓の起爆剤だ」とシュリヒト副社長は言う。

コメント4

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏