• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クライスラーと日産、“デート”は“結婚”に発展?

双方の弱点を補うOEM契約の裏を探る

2008年4月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

私は一部の巨大メーカーがまわりを押しのけながら強く大きくなる構図はエンドユーザにとって望ましくはなく、多くのプレーヤーが相互に競い合う状態ができるだけ長く続いてほしいと願っていますので、この記事の可能性に期待をしています。 過去に成功例が少ないからこそ、あるいは難しいからこそ、挑戦をすることに意義があるのではないでしょうか? 何もせずにじっとしていたら、何か良い結果が得られるのでしょうか? 関係者の勇気ある英断を期待しています。(2008/04/25)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は一部の巨大メーカーがまわりを押しのけながら強く大きくなる構図はエンドユーザにとって望ましくはなく、多くのプレーヤーが相互に競い合う状態ができるだけ長く続いてほしいと願っていますので、この記事の可能性に期待をしています。 過去に成功例が少ないからこそ、あるいは難しいからこそ、挑戦をすることに意義があるのではないでしょうか? 何もせずにじっとしていたら、何か良い結果が得られるのでしょうか? 関係者の勇気ある英断を期待しています。(2008/04/25)

寄らば文殊の知恵。毛利家の3本の矢の故事。となるか?これは残念ながら製造業には当てはまらないように思う。烏合の衆という言葉もある。3本の矢がどれも折れかけならば、1本のまともな矢にしかず。日産とクライスラーとルノーが相乗効果を発揮しうまくいってくれればよいが、歴史を見ると、うまくいく事は非常に難しい。安易な野合でなければ良いが。ともかくも数年後には大してよい結果にならないと予言しておきます。(2008/04/24)

過去にもOEM生産、委託販売、開発費の一部負担という形の企業間提携は、多くありますが、真の意味で成功した例は、皆無ではないか?ゴーンさんの真の狙いも、この程度の提携メリットではなく、クライスラーの買収によるスケールメリット、開発分業と環境技術開発費の捻出、北米でのクライスラー販売網を活用したルノー車、日産車の拡販相乗効果に期待しているのではないか?(2008/04/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授