• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ロールス・ロイス、中国の大富豪を狙う

高い関税をものともしない超富裕層の購買力

バックナンバー

[1/2ページ]

2008年5月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Bruce Einhorn (BusinessWeek誌香港支局、アジア地域担当エディター)
米国時間2008年5月7日更新 「Rolls-Royce Targets China's Really-Rich

 世界の自動車メーカーのほとんどが、中国に魅力を感じている。アジア最大で、世界でも米国に次いで第2位の規模の中国市場。昨年の自動車販売台数は830万台で、そのうち乗用車、SUV(多目的スポーツ車)、ミニバンは合計520万台だった。

 米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツ(BusinessWeek同様、ザ・マグロウヒル・カンパニーズ(MHP)の事業部門)の予想では、中国市場が今年も堅調に成長すれば、中国における乗用車、トラックなどの自動車の販売台数は950万台に達する。だからこそ、米ゼネラル・モーターズ(GM)、独フォルクスワーゲン(VOW)、トヨタ自動車(TM)など欧米とアジアの自動車メーカーは中国市場に力を入れているのだ。

 そんな中、独BMW傘下の英ロールス・ロイス・モーター・カーズ、アジア・パシフィック担当のコリン・ケリー氏は、何百万という大きな数ではなく、はるかに小さな数に的を絞っている。その数とは106。超高級車ロールス・ロイスの中国における昨年の販売台数(香港26台、中国本土80台)だ。

 106という数字は小さく思えるかもしれないが、ロールス・ロイスの世界販売台数の実に10%に相当する、とケリー氏は言う。今年の中国市場での販売台数を約170台と見込んでおり、同社にとって中国は、英国を抜いて米国に次ぐ2番目の市場になるとケリー氏は予想。「中国市場には大いに期待している」と自信を見せる。

 この見通しを達成するため、ロールス・ロイスは中国での営業基盤を強化している。同社は最近、大都市の北京、上海のショールームの規模を拡大。先月、南部の深センや東部の杭州といった規模の都市への進出に向け、現地提携先と準備を進めていることを明らかにした。ほかの中都市への進出についても「じっくり検討中」だとケリー氏は言う(BusinessWeek.comの記事を参照:2006年12月14日「Rolls-Royce Leads Luxury Fleet to China」)。

メルセデス・ベンツのSUV、北京進出

 ほかの高級車メーカーも同様に、中国市場での販売拡大を目指している。ロールス・ロイスの親会社であるBMWの中国における販売台数は昨年、前年比で42%増加した。同社は中国国内の生産能力を45%増の年間4万4000台に拡大する予定だ。

 BMWの最大のライバルである、独ダイムラーのメルセデス・ベンツ部門も中国を重視している。先月開催された北京国際自動車ショーで、GLKというSUVを世界初公開したことに、その意気込みが表れている。

 フォルクスワーゲンの高級車ブランドである独アウディも、最新のSUVを北京で発表した。昨年、アウディの中国での販売台数は10万台を突破した(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年3月17日「Luxury Carmakers Look East for Profits」)。

コメント2件コメント/レビュー

 成金の"高価な物大好きは世界共通でしょう"が、これだけ急速に大勢が成り上がったという所に特徴があるのでしょう。彼らに自然災害などへの援助をさせ大々的に報道して紙面を飾るその喜びを味あわせて金をそちらに吐き出させては。中国政府と新聞が打ち合わせて、災害援助寄付を大きな取り扱いでのせ、義捐金高をグラフ入りでのせ災害援助寄付競争をさせては。文化、人道的な金の使い方が有れば、それを大きく誉めて取り上げ、それこそ本当の金持ちのやることだと教える必要があるのでは。(2008/05/15)

オススメ情報

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 成金の"高価な物大好きは世界共通でしょう"が、これだけ急速に大勢が成り上がったという所に特徴があるのでしょう。彼らに自然災害などへの援助をさせ大々的に報道して紙面を飾るその喜びを味あわせて金をそちらに吐き出させては。中国政府と新聞が打ち合わせて、災害援助寄付を大きな取り扱いでのせ、義捐金高をグラフ入りでのせ災害援助寄付競争をさせては。文化、人道的な金の使い方が有れば、それを大きく誉めて取り上げ、それこそ本当の金持ちのやることだと教える必要があるのでは。(2008/05/15)

筆者は二つ大きな間違いを犯している。ロールス・ロイスとベントレーのオーナーが、現在もイギリスのヴィッカース(重工業)だと云う事。二番目にヴィッカースがBMWに売った物は、2003年1月1日以降、BMWが生産する自動車に「ロールス・ロイス」とネーミングする権利と、マスコット(スピリット・オブ・エクスタシー)と伝統のラジエーター・グリルを装着する事だけである。イギリスのクルーに在るロールス・ロイスとベントレーの工場、ボディーを架装するH.J.ミュリナー、そしてロールス・ロイス第1号車から2002年12月31日迄製造された、全ロールス・ロイスの肖像権・版権・スペアパーツの製造と供給の権利は、VWグループに売却された。故に、ロールス・ロイスがBMW傘下に入ったと言うのは間違いである。ドイツのミュンヘンで製作されたコンポーネンツは、イギリスのマーチ伯爵の領地『グッドウッド』に建てた工場でノックダウンされ、英国製として出荷される。然し、自動車のエンスージアスト達は、既にロールス・ロイスは死に絶えたとして、皆ベントレーを買う。(2008/05/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長