• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

湾岸産油国がクリーンエネルギー開発に力を入れ始めた

  • 田中 保春

バックナンバー

2008年5月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ひと昔前なら想像できなかったことだが、近年、湾岸産油国が代替エネルギーへの関心を強め、開発・投資が相次いでいる。グローバルな環境意識の高まりや、国の持続的発展をにらんだエネルギー保障の観点から、「単品経営」からの脱却を図ろうとしているのだろう。アラブ首長国連邦(UAE)のように、国家として戦略的に取り組む国も出ている。世界最大の原油確認埋蔵量を保有するサウジアラビアも、地球環境問題、国内のエネルギー問題など諸般の理由から代替エネルギー活用に向けての新たな模索が始まっている。

グローバルな環境政策との強調

 2006年にサウジアラビアは、「石油は『特定の先進国により選択された』環境政策の被害者」になるかもしれないとの懸念を表明し、クリーンエネルギーと経済発展のバランスが必要だとの声明を出した。

 原油収入に大きく依存するサウジアラビアにとって、先進国の環境政策がサウジアラビアの持続的な経済成長に悪い影響を及ぼす懸念があり、先進国との協調が必要になっているのだ。

 また、持続的な国の成長にとって、自国のエネルギー保障は非常に重要な課題であり、それはエネルギー資源が豊富な湾岸産油国といえど同じである。人口増加率の高い湾岸産油国では電力供給が今後さらに必要だ。また自国民の雇用機会創出のためにも、国内のエネルギー資源は次世代の財産として効果的に活用していく必要がある。

 最近のように需給のファンダメンタル(基礎的条件)を超えて原油価格が高騰している状況では、原油を増産したからといって必ずしも価格が下がるとは言えない。よって、代替エネルギーを最大限に活用し、エネルギー源の選択肢を増やすことが必要になってきている。

 また、湾岸産油国にはクリーンエネルギーを生み出す「未利用資源」が豊富にある。アラビア半島は、日照時間が長く、太陽放射線も非常に強い。また、風の強い海岸地帯も多い。自然条件から言うと、代替エネルギー資源は非常に豊富なのである。従来は砂塵(じん)などで発電効率が低かった太陽光発電も、技術革新により発電効率が向上してコストも下がっている一方、石油やガスによる発電コストは上がっているため、代替エネルギーによる発電の経済性が上がっている。

コメント2

「世界鑑測 田中保春の「サウジ・新潮流」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック