• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

欧州のZARAやH&Mなど衣料小売り、世界へ

「BusinessWeekが選ぶ欧州優良企業50社」の注目企業

2008年5月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Carol Matlack (BusinessWeek誌パリ支局長)
米国時間2008年5月9日更新 「Europe's Top Performers Go Global

 欧州の衣料品市場で成功するのは容易なことではない。欧州のほとんどの国では、日曜日の営業は法律で禁じられている。平日の夜の営業を禁止する国もある。フランスでは、バーゲンの開催は年に2回、1月と7月の特定の時期に限定されている。さらに、不安定な経済、高い人件費、欧州連合(EU)域内の平均19.5%の付加価値税(内税)が追い討ちをかける。これでは衣料小売業で成功する可能性はおぼつかないように思える。

 それでも、一部の欧州の衣料小売り大手は、地元で業績を伸ばすだけでなく世界でも成功を収めている。スウェーデンのへネス&モーリッツ(H&M、HMB.ST)と「ZARA」ブランドを展開するスペインのインディテックス・グループ(ITX.F)は、“手頃でシック”というアパレルの新ジャンルを確立し、米インディアナポリスから上海まで、世界各地に進出している。

 衣料・家庭用品小売りの英ネクスト・グループ(NXT.L)は、同社初の大々的な国際展開を計画している。2009年末までに中国と東欧に20店舗以上を出店する予定だ。

 独スポーツ衣料メーカーのプーマ(PUMG.DE)は、世界で100店舗以上を展開しており、1カ月2店舗のペースで拡大している。

 これら4企業は、今年の「BusinessWeekが選ぶ欧州優良企業50社(英文)」にランクインしている。このランキングは、過去3年間の売上高の増加率と投下資本利益率(ROI)を基に選出されるもので、第1位のドイツ証券取引所(フランクフルト、DB1GN.DE)のほか、フィンランドのノキア(NOK)、スイスのネスレ(NESN.F)など大手消費者ブランド、知名度のあまり高くない歯科インプラントメーカー、採掘装置メーカーなど、多岐にわたる業種の企業が名を連ねている。

目覚ましい業績を上げる企業

 実際、ただでさえ厳しい欧州市場において、昨今のユーロ高や信用収縮にもかかわらず“欧州株式会社”は驚くほど好調だ。「欧州企業は状況の変化に合わせて既に多くの業務改革を行っており、こうした企業の回復力が経済成長を下支えするだろう」と欧州の経団連にあたるビジネスヨーロッパ(本部:ブリュッセル)の主席エコノミスト、マーク・ストッカー氏は言う。「欧州の経済成長率は、いずれ米国を凌ぐ可能性がある」。

 優良会社50位以内にランキング入りした企業はどれも目覚ましい業績を上げている。とりわけ目を引くのは、大衆向け衣料小売り各社の強さだ。この業界は、移り気な消費者、熾烈な競争、不景気による影響を受けやすいことで知られる。

 自国の消費者に人気のファッションが、海外市場ではさっぱり受けないことはよくある。米衣料小売り大手GAP(GPS)の綿Tシャツやゆったりとしたジャケットは、同社の予想に反し、かっちりとした造りの服を好む欧州の消費者には全く受け入れられなかった。そこでギャップは急遽、2006年に欧州にデザイン拠点を設置し、現地デザイナーを雇い入れることにした(BusinessWeek.comの記事を参照:2006年6月8日「Gap Tries on European style」)。

 これとは対照的に、インディテックスとH&Mは、両社の広告に登場するセクシーなドレスのごとく滑らかに世界進出を果たした。インディテックスは現在世界で、ZARA、マッシモ・ドゥッティなど8ブランドの合計3700店舗を展開している。今年はさらに560店舗を出店する予定だ。H&Mは昨年、中国で同社初の店舗を7店オープンしたのをはじめ、合計193店舗を開設し、世界の店舗数は1500店を突破した。

欧州風のファッションテイスト

 H&MとZARAの大きな強みは商品展開の速さだ。サプライチェーンの効率化が進んでいるため、製図台で考案した新デザインを店頭に並べるまで、大半の競合他社なら2カ月かかるところを、両ブランドとも最短2週間でこなせる。商品が頻繁に入れ替わるため、顧客は何度も店に足を運ぶ。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO