• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

医師よ、真実を開示せよ

医学界と医薬業界のただならぬ関係にメス

2008年5月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Arlene Weintraub (BusinessWeek誌、科学技術部シニアライター)
米国時間2008年5月12日更新 「Physician, Reveal Thyself

 米デューク大学の医療研究グループは衝撃を受けた。過去1年間に医学雑誌に掲載された、狭まった心臓血管の広がりを保持する「ステント」(多くは金属製の、網目構造で筒状の器具)に関する論文700本以上を精査したところ、2つの重大な情報が欠落していたからだ。1つは、論文の執筆者が医療器具の製造元企業から報酬を受け取っているかどうかについて明示していない論文が、全体の83%に及んでいたことである。

 もう1つ、さらに驚くべきなのは、臨床試験などの研究調査に関する論文の72%で、研究費の提供者についての記載がなかったことだ。5月7日にオンライン科学・医学誌「プロスワン(PLoS One)」に発表されたデューク大学のこの論文は、医師と企業の間で資金的つながりが強固になりつつある問題と、そうした関係が適切に情報公開されているかどうかを、改めて疑問視している。

 医薬品や医療器具を研究する医師は、そうした製品を作っている企業から資金援助を受けることが多い。連邦政府の医学研究への助成金が減り続ける中、企業と医師の“共生関係”は重要性を増している(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年5月8日「Big Drug R&D on Campus」)。

 だが近年、企業からカネを受け取った医師が執筆する論文の公正さを疑問視する声が、医学界で強まっている。医師が関係の深い企業の製品に関して公平性を欠く論文を執筆して危険な副作用を軽視したり、製品にとって好ましくない研究結果を公表しなくなったりする恐れがあると、関係者は指摘する。

鎮痛薬の回収騒ぎで開示規定を強化したものの…

 心臓病や脳卒中を引き起こすとして2004年に自主回収となった米メルク(MRK)の鎮痛剤・関節炎治療薬「バイオックス」に関する議論をきっかけに、米総合医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」や米医師会雑誌「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)」などの専門誌は、規定を強化し、企業との資金面での協力関係について情報開示することを執筆者に求めている。透明性を確保して、どこからの支援を受けた研究であるかを理解したうえで医師、患者、監督機関、保険会社に研究結果が偏っていないかを判断してもらうことが狙いである。

 しかし、デューク大学が発表した論文は、目的が達成されていないことを示唆している。執筆者のほとんどが雑誌の情報開示規定を無視しているうえに、開示された情報にも疑わしいものがあるというのだ。

 研究グループは、調査対象とした2985人の執筆者のうち、2006年に公表された雑誌論文で情報開示を行っていた約170人について詳しく調べた。インターネット検索による調査で、利害関係がないと記載している医師の中に、ステントを製造している企業の顧問を務めている者が見つかった。1人はステント製造業者の共同設立者となっていた(デューク大学の論文は、個人名を公表していない)。企業との関係を明示していた75人のうち、常に情報開示を行っていたのは2人だけで、残りは論文によって関係を記載しているものと記載していないものがあった。

 今回の研究の代表執筆者であるデューク大学臨床研究所のケビン・ワインフルト氏は、透明性の欠如については、執筆者だけでなく雑誌の編集者の責任も大きいと述べている。情報開示規定を守らせるよう「専門誌は監視を強化すべきだ。今回の我々の研究で目を覚ましてほしい」と、同氏は言う。

企業側からは冷めた反応

 情報開示規定は雑誌が定めた自主規制で、開示を法的に義務づけるものではない。全国規模のデータベースを作り、医師と企業の資金面での支援関係をすべて登録させる規制措置を提案する連邦議員もいるが、現在のところ、そうした取り組みは進んでいない。

 デューク大学の研究では、企業との利害関係が医学研究の中に深く浸透していることも明らかになった。開示された情報の中で、研究費を支援している企業として多く名前が挙がっていたのが、ステントメーカーの米ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、米ボストン・サイエンティフィック(BSX)、米メドトロニック(MDT)と製薬会社の米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMY)、仏サノフィ・アベンティス(SNY)だった。ブリストル・マイヤーズとサノフィ・アベンティスは、ステントを使用している患者に広く処方されている抗血栓症薬「プラビックス」を共同で販売している。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏