• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

森林保護より農地拡大

  • BusinessWeek

バックナンバー

2008年6月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブラジルのアマゾンでは、食糧供給と森林保護という2つの問題がいつも対立を続けてきた。環境活動家は豊かな熱帯雨林の保護を訴え、大豆農家は熱帯雨林を伐採して作付面積を増やしてきたからだ。ところが今、この問題に決着がつく可能性が出てきた。

世界需要増で輸出量も拡大

 世界的な穀物価格の暴騰で、農家の言い分に軍配が上がりそうなのだ。5月13日、連邦環境大臣だったマリナ・シルバ氏が辞任した。熱帯雨林の保護政策が影響力を失い、「ここしばらくは思ったように政策を推進できなかった」と、彼女は辞任を伝える手紙の中で書いている。

 近年、ブラジルは世界の食料庫となった。大豆や砂糖、オレンジジュース、コーヒー、牛肉、鶏肉では世界最大輸出国であり、トウモロコシと米の生産も伸びている。昨年の農作物輸出額は580億ドルで、大豆が110億ドルを占める。しかし、そうした食糧増産の多くは、かつて熱帯雨林かサバンナだった地域からの収穫であり、多くの農家が増産のために、さらなる農地供給が必要だと考えている。

農地を増やして何が悪い

 アマゾン出身のシルバ前大臣は、アマゾン保護で高く評価されてきた。森林を伐採した農家や牧場経営者に厳しい罰金を科すなど、ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領のイメージ向上に貢献してきた。しかし、その努力もむなしく、今年1月に撮影された衛星写真では熱帯雨林の激減が明らかとなった。シルバ前環境大臣は取り締まりを強化、1400の農家と牧場をブラックリストに載せ、金融機関から融資が受けられないようにした。

コメント2

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長