• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

倹約生活を始めざるを得ない普通の米国人

最高価格エリアのガソリンスタンドで聞いた実情

2008年6月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Tim Catts (BusinessWeek.com記者)
米国時間2008年6月3日更新 「Tales from the Pump

 よく晴れた金曜の午後だというのに、米コネチカット州ブリッジポートにあるガソリンスタンド、フリーダム・プレミアム・フュエルズを訪れる客の表情は冴えない。

 米ラジオ放送網キュムラス・メディア(CMLS)に勤める、きりっとした服装の若手営業マン、ネート・カーターさんは料金メーターをじっと見つめる。60ドルを超えたところで給油ノズルがカチッと音を立て、65ドルで満タンになった。

 「1カ月以内に売ろうと思ってます」。カーターさんは流線型が美しいシルバーの日産「350Z(日本名フェアレディZ)」を顎で指して言う。気に入っている車だが、ガソリン代節約のため、下取りに出して燃費の良い日産(NSANY)「アルティマ」に買い替えるつもりだという。「この車にガソリン代を余分に払うだけの価値はないよ。もうそんな贅沢をする余裕はない」。

 最近このガソリンスタンドで聞こえてくるのはそんな話ばかりだ。ガソリン価格が記録的な高騰を続ける中、長い間、倹約生活に腰を上げようとしなかった米国人もついにその必要性を認めざるを得なくなってきた。景気は低迷し、労働市場は縮小、住宅価格も下落する中で、燃料価格の高騰が生活にどのような影響を及ぼすかを見るのには、ブリッジポートは最適の場所かもしれない。

 ユーザーから寄せられた情報を基に最も価格の安いガソリンスタンドを紹介する米ウェブサイト、ガスバディ・ドット・コムによれば、カーターさんが給油した時、ブリッジポートのガソリンの平均価格は米国内で最も高く、レギュラー無鉛ガソリンの平均価格は1ガロン=4.29ドルを超えていた。

ガソリン価格の高さで有名になったブリッジポート

 ドライバーの誰もが、ガソリン高騰の影響について語りたがる。生活パターンが少し変わっただけの人もいれば、大打撃を受けた人もいる。

 ひげを生やした熊のような大男の石工、マーク・ズームさんはトラックへの給油を1回25ドル分だけにし、頻繁に給油するようになった。ブリッジポートに住むサム・ラーキンさんは以前ほど遠出しなくなり、ニューハンプシャー州などに遠出する時は電車かバスを使うようになった。ホンダ(HMC)の「CR-V」を運転するリチャードと名乗る男性は、別れた妻の所にいる子どもたちに会いたくてもなかなか会いに行けなくなった。「心臓に腫瘍があってね。病院代を貯めなくちゃいけないんだ」とリチャードさんは言う。

 星条旗のはためくガソリンスタンドが身の上話をする場所になるほど、事態は切迫している。米国内のガソリン価格はここ1年で急騰した。一番の原因は原油価格の大幅な上昇だ。昨年の平均価格が1バレル=64.20ドルだった原油は、ここ数週間のうちに1バレル=130ドルを突破した。その影響でフリーダム・プレミアム・フュエルズのレギュラー無鉛ガソリンは、1ガロン=4.319ドルと、ブリッジポートの平均価格をやや上回る水準まで上昇した。

 ちなみに、フリーダムの価格は地域最高値ではない。近隣のウエストポートにある米エクソンモービル(XOM)のガソリンスタンドでは、1ガロン=4.66ドルだ。相当な高値だが、米国内にはもっと高いガソリンスタンドもある。

 ガスバディ・ドット・コムの共同創設者、ジェーソン・テーブズ氏によれば、ビーバーアイランド(ミシガン州ミシガン湖の全長13マイルの島)のとあるガソリンスタンドでは先週、レギュラー無鉛ガソリンが1ガロン=5.19ドルだったという情報が寄せられた。フロリダ、アラスカ、ハワイなどの人里離れたガソリンスタンドではさらに高い(なお、全米で最もガソリンが安い都市はアリゾナ州ツーソンで、平均価格が1ガロン=3.696ドルと、ブリッジポートよりも約14%安い)。

 それでも、米国本土で最もガソリン価格が高いのはコネチカット州で、コネチカット州の中でガソリンの平均価格が最も高い都市はブリッジポートだ。

倹約生活を迫られる米国人

 季節的な要因もある。ガソリン価格は、何百万もの人が休暇に出かける夏に上昇する傾向がある。また、コネチカット州のガソリン税は1ガロン当たり62.5セントと、カリフォルニア州に次いで米国で2番目に高い。米エネルギー情報局(EIA)によれば、6月2日のレギュラー無鉛ガソリンの全米平均価格は3.976ドルで、前週比で4%、前年比で約82%上昇した。

 ガソリン価格の急騰は、既に米国経済の景気後退入りが近いと予想される中で起こった。

コメント4

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授