• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サウジ、増産の本気度

  • BusinessWeek

バックナンバー

2008年6月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界最大の石油輸出国サウジアラビアは、世界の人々と同じくらい石油高騰にショックを受けている。1バレル=14ドルの原油安で国が財政危機に陥りかけたのは、ほんの10年前のこと。以来、国庫はあふれ返ったが、今は130ドルの原油高が消費国経済に与える悪影響と代替燃料に商機を与えてしまう事態を懸念しているのだ。

 石油相場を冷ましたいサウジは新規油田の開発に大金を投じている。6月には産油量を30万バレル増やし、日量945万バレルにする。この決断はジョージ・ブッシュ米大統領の増産要請に応えるというより顧客の注文に応じるものだ(アブドラ国王率いるサウジは、ブッシュ大統領は死に体で、米国によるイラク侵攻は大失敗だったと考えている)。また、サウジは心理的な効果も狙って、顧客に必要なだけの石油を供給すると確約している。

 これで多少の効果はあっても、目先、相場を抑えるには限界があるとサウジは見ている。同国は日量200万バレルを予備生産能力として抱えるが、これは緊急事態(米国によるイラン攻撃など)に備えて市場に出すべきでないと考えている。

 加えて、石油コンサルティング会社PFCエナジーのデービッド・キルシュ氏ら一部専門家の見立てでは、巨額の投資資金が商品相場に流れ込んでいる今、サウジとしては短期的な価格変動はコントロールできないという計算が働く。サウジは、最近の相場高騰の原因は投機と供給不足に対する不安感にあると見ている。いずれもサウジの手に負えない要因だ。

1バレル=80ドル台へ調整も

 実際、市場には石油が十分あるという。イランは最近、売れない石油約3000万バレルを浮体式の貯蔵設備に収めた。「もし増産したら買い手が見つからないだろう。石油価格には影響しない」とあるサウジ関係者は言う。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授