• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ガソリンスタンドがガソリンを買えない

原油価格高騰の煽りを受け米国各地で悲鳴

2008年6月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

David Welch (BusinessWeek誌デトロイト支局長)
米国時間2008年6月17日更新 「When Gas Stations Run Out of Gas

 ガソリンの在庫を切らしたガソリンスタンドが増えている。しかし、驚いたりパニックになる必要はない。1970年代の石油ショック時のようにガソリン自体が不足しているわけではないのだ。

 ガソリンスタンドの経営が苦しくなっているのが原因なのである。

 ガソリンスタンドがクレジットカード会社に支払う手数料は売上額を基に計算される。このため、ガソリン1ガロン当たりカード会社に支払う手数料も増加している。消費者は今まで以上に価格に敏感になっており、わずかな儲けをガソリン価格に上乗せするわけにもいかない。その結果、ガソリンスタンドは廃業に迫られたり、細々と営業を続けるといった状況になっているのだ。

 既に倒産したガソリンスタンドも多い。米業界誌ナショナル・ペトロリアム・ニュースによると、昨年、全米のガソリンスタンド16万4292店舗のうち3184店が閉鎖。5年間で最悪の数字となった。1990年代半ばにはガソリンスタンドの店舗数は20万を超えていた。閉鎖される店舗は今後さらに増えると専門家は見ている。

 世界最大の統合石油会社、米エクソンモービル(XOM、本社:テキサス州アービング)でさえガソリン小売事業から撤退を始めている。6月12日、国内に2225店ある直営ガソリンスタンドと系列コンビニ店舗を数年ですべて売却すると発表している。

最も厳しい立場にあるのは独立系スタンド

 だが本当に苦しんでいるのは独立系スタンドだ。

 ピッツバーグ郊外のペンシルベニア州ボールドウィンでガソリンスタンドと自動車修理工場を経営して31年になるエラネル・ミラー氏を例に挙げよう。最近は、ガソリンを売れば売るほど損が膨らみ、ガソリンを補充したくても仕入れる資金がないため在庫切れになる週さえあるという。「これ以上損が大きくなれば、スタンドを閉めて修理業に専念するしかない。倒産だけは避けたい」とミラー氏は嘆く。

 ミラー氏の営むような小型の独立系ガソリンスタンドが苦しむ理由はこうだ。地元の流通業者からのガソリン仕入れ値は1ガロン=4.04ドル。これを4.09ドルで売る。クレジットカード手数料は売り上げの一定割合として計算するため、店頭価格が上がれば支払い手数料も増える。その分、利幅が圧縮されてしまう。

 ミラー氏のスタンドでは現在、1ガロン当たりのカード手数料は平均約5セントだという。輸送費や固定経費を含めると、ガソリンを売って損が出てしまう計算だ。3つの作業所からなる修理工場がなかったら、倒産していただろう。

現金不足で仕入れができない

 カード売り上げの占める割合がもっと高いガソリンスタンドでは、手数料は平均で10~12セントにもなるという。

 米J・H・ウィリアムズ・オイル(本社:フロリダ州タンパ)の営業担当マイク・コンベイ氏は、ガソリン価格が高過ぎて大半の消費者はクレジットカード払いを選ぶため、さらに状況は悪くなっていると言う。4年ほど前には同社の二十数店舗でのカード売り上げの割合は約25%だったが、今や75%にまで跳ね上がり、手数料負担が重くのしかかる。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手