• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ベトナム、投資熱なお活発

  • BusinessWeek

バックナンバー

2008年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米フォード・モーターのベトナム現地法人社長マイケル・ピーズ氏の悩みは、米本社の経営陣が聞いたら羨むに違いない。今年1~5月の販売台数は倍増し、生産が全く追いつかないのだ。そこで7月中にもハノイ近郊にある工場の生産能力を拡張する計画で、「今年は最高の年だ」とピーズ氏は言う。

 ベトナム経済は最悪期を迎えているのではなかったか。株価は年初から6割以上下落し、住宅価格は3分の2になった。25%のインフレが猛威を振るい、貿易赤字が膨らんで通貨ドンが急落している。民間シンクタンク、開発研究所のレ・ダン・ゾアイン上級研究員は「経済改革が始まった1980年代末以来の最も困難な状況だ」と断言する。

 だが、フォードに限らず、投資は活発だ。先日、重工業大手の台湾塑膠工業は政府から78億ドルの製鉄所、発電所、港湾建設計画の認可を得た。3月には韓国のサムスン電子がハノイ郊外に6億7000万ドルの携帯電話機工場を建設すると発表した。今年に入り政府が認可した外国直接投資は210億ドルに上り、既に昨年総額を上回る。

 外国企業が着目するのは長期的なファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)だ。ベトナム政府は経済見通しを下方修正したが、それでも今年、7%のGDP (国内総生産)成長を見込む(昨年は8.5%)。「外国企業は今の経済混乱が短期で収束すると考えている」とサイゴン・ハイテクパークの責任者レ・チョン・ヒエウ氏は言う。

オススメ情報

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士