• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クラウドコンピューティングが世界を変える

根底から企業のソフトウエア利用方法を考え直す時期に

2008年8月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Rachael King (BusinessWeek.com記者、サンフランシスコ)
米国時間2008年8月4日更新 「How Cloud Computing Is Changing the World

 年間売上高107億ドルを誇る電子機器委託製造大手の米サンミナ-SCI(SANM)では、電子メール、文書作成、スケジュール管理などに、米グーグル(GOOG)のオンラインアプリケーションサービス「Google Apps(グーグル・アップス)」を部分的に採用している。わずか半年前の導入時点では、数人の社員が利用するのみだったが、現在では、米マイクロソフト(MSFT)のアプリケーションからGoogle Appsに乗り換えた社員の数は1000人近くに上る。

 同社CIO(最高情報責任者)マネシュ・パテル氏は、「当社では世界各地で様々なプロジェクトチームが動いており、効果的な共同作業のためにGoogle Appsを活用している」と話す。同氏によると、3年後には、全体の25%にあたる1万人の社員がGoogle Appsに移行している可能性もあるという。

 グーグルとサンミナの取り組みが象徴するように、企業でのコンピューティング環境やソフトウエアの利用方法が根底から変わりつつある。サーバーの記憶容量の増強からCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)ソフトウエアの導入に至るまで、あらゆるサービスをインターネット経由で利用できるようになってきたのだ。

 米アマゾン・ドット・コム(AMZN)、米セールスフォース・ドット・コム(CRM)、米IBM(IBM)、米オラクル(ORCL)、マイクロソフトなど、様々な企業がこうしたサービスを提供している。

 デスクトップコンピューターや携帯型電子機器、自社サーバーなどでコンピューティング処理を進めるのではなく、どこか別の場所のマシンに処理させるこうした手法は、“クラウドコンピューティング”と呼ばれる(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年4月24日「Cloud Computing: Eyes on the Skies」)。この動きは全米の企業に広まりつつある。

 「クラウドコンピューティング」という言葉には、IT(情報技術)の様々な概念が含まれる。まず、「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)」と呼ばれる概念がある。ソフトウエアの機能をインターネット経由で利用するサービスのことで、約10年前に創業したセールスフォースが草分け的存在だ。

 また、その後登場した、「HaaS(ハードウエア・アズ・ア・サービス)」と呼ばれる概念もある。ストレージ(データの保存領域)やサーバー環境を、必要に応じてアマゾンなどから提供を受けて利用するサービスだ。こうしたクラウドコンピューティング・サービスに共通するのは、大規模なデータセンターからインターネット経由でサービスがオンデマンドで提供されることだ。

コンピューティング環境の大変革

 クラウドコンピューティングは企業のコンピューティング環境に大変革をもたらすと話すアナリストもいる。米メリルリンチ(MER)の予測によると、今後5年間のうちに、クラウドコンピューティングの世界市場規模は、年950億ドルへと伸びるという。2008年5月の同社報告によると、今後5年間で、世界中のソフトウエア市場の12%がクラウド環境に移行すると見られる。

 メーカーにとっては、クラウド・コンピューティング・サービスを提供する大手事業者のニーズに合わせた製品群へとシフトできるかどうかが業績の明暗を分ける。IBM、米デル(DELL)、米ヒューレット・パッカード(HPQ)など、各社がクラウドへと急速に舵を切り始めている。IBMは8月1日、3億6000万ドルをかけて、クラウドコンピューティング用のデータセンターを米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パークに開設すると発表。これで同社が世界各地に開設するクラウド・コンピューティング・センターの数は計9カ所となる。

 デルもクラウドコンピューティング市場に狙いを定めている。デルは、米フェースブック、マイクロソフト、アマゾン、米ヤフー(YHOO)など、クラウドコンピューティング事業やウェブ2.0事業を手がける大手事業者に製品を供給している。

 デルのCEO(最高経営責任者)、マイケル・デル氏はこう話す。「当社では、こうした事業者向けの独自製品を開発するために、新たなビジネスを立ち上げた。現時点では数億ドル単位だが、今後数年のうちに10億ドル単位に伸びると見込まれる、期待の成長株だ」。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授