• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米フェースブックは「売り」?

  • BusinessWeek

バックナンバー

2008年8月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)最大手、フェースブックの幹部たちが持ち株を売っている。その売却価格は、昨年同社につけられた評価額が非現実的だったことを示すことになった。

 数カ月前までシリコンバレーで“次のグーグル”と呼ばれていたフェースブック。昨年10月にマイクロソフトが同社に一部出資した際、両社は「出資額から計算すると、フェースブック全体の企業価値は150億ドルになる」と述べており、未上場のフェースブックの株主は超大型IPO(新規株式公開)を期待しているようだった。

創業メンバーが持ち株売却

 ところがここ数カ月、現役幹部、元幹部が相次ぎ株を売りに出した。非上場企業の株式の売買を仲介する米EBエクスチェンジ・ファンズの創業者ローレンス・オルブカーク氏は「株を既に売ったか売りたがっている人を少なくとも9人知っている」と話す。株を売却した人の中には創業者兼CEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏や近く退任する副社長のマット・コーラー氏も含まれる。

 売却時の評価額は、企業価値が150億ドルとうたわれた時を大きく下回る。オルブカーク氏の話では、現取締役2人と元幹部1人が最近、持ち株を企業価値50億ドル相当として売りたいと打診してきており、別の投資銀行2行は同37億5000万ドル相当でまとまった株を取得したという。

 とはいえ、これは必ずしもマイクロソフトの投資失敗を意味するものではない。マイクロソフトはフェースブック株の1.6%を2億4000万ドルで取得したが、手に入れたのは普通株ではなく、特別な権利がある優先株だ。また、同社は資本提携によって、米国以外の市場におけるフェースブックの広告販売権も獲得している。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長