• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフガンで拉致された伊藤さんは誰に殺されたのか

2008年9月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アフガニスタン東部で日本のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の伊藤和也さんが殺害された。8月27日の夕方にこの悲報を受けて深い悲しみに包まれた。

 私は個人的に伊藤さんを知っていたわけでも、「ペシャワール会」と関係があるわけでもない。26日の午前、知り合いの政府関係者から電話があり、「アフガンで日本人が拉致されたらしい。何でもいいから情報があったら教えてほしい」との問い合わせを受けた。私が所属する英国の危機管理会社は、アフガン全土で活動をしており、アフガニスタンの治安情報を顧客に提供する仕事もしている。すぐにカブール駐在のスタッフに問い合わせ、現地情報を聞いてその政府関係者に伝えた。

 私とこの事件の関係はこれだけだが、現地に根づいて地道な活動をされてきた「ペシャワール会」のことは以前から存じ上げており尊敬していたので、「何とか無事に解放されてほしい」と胸中に願っていた。伊藤さんのご冥福を心からお祈りしたい。

悪化する治安と支援活動継続の是非

 すでに日本のメディアでも報じられているように、アフガニスタンの治安悪化は極めて深刻である。私はカブールから毎日eメールで最新の治安情報を受け取っているが、武装勢力による攻撃の数も、そうした攻撃が行われる地域の広がりという点からも治安の悪化は日に日に深刻さを増していた。

 しかも少し前までは西側の軍隊やアフガン政府の治安機関関係者を狙った攻撃がほとんどであったものが、最近では非武装の援助団体関係者などを狙った襲撃、誘拐なども増えていた。

 「ペシャワール会」は現地に根づいて地域社会の文化や習慣を尊重して現地人にとけ込んだ支援活動をしてきただけに、今回の事件がNGOコミュニティーに与えた衝撃は大きいだろう。ペシャワール会の代表である中村哲氏は、「治安の悪化に対する認識が甘かった」とメディアに対して述べている。もちろん当事者としては「ああしておけばよかった、あの時にこうしておけば・・・」と後悔されることは多々あるのだと思う。

 しかし、地域住民の信頼を得て、その社会にとけ込んで活動するのが、最善の治安対策であり、安全対策の問題でペシャワール会を責めるのは酷である。どれだけ安全対策を講じたところで100%安全ということはあり得ない。リスクは常に存在する。そしてたとえリスクがあったとしてもやるだけの価値のある尊い活動をされてきた。

コメント11

「世界鑑測 菅原出の「安全保障・インサイド」」のバックナンバー

一覧

「アフガンで拉致された伊藤さんは誰に殺されたのか」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官